京都大学iPS研で論文不正が発覚。ノーベル生理医学賞・山中伸弥所長、悔しさ噛みしめ苦悶の記者会見

京大iPS研で論文不正 図を捏造

22日、京都大学は、京大iPS細胞研究所の山水康平(36)特定拠点助教の論文に、捏造と改ざんがあったと発表しました。京大の調べでは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脳の構造体を作ったとの内容の論文で、論文を構成する図や補足図に計17カ所で捏造と改ざんがあり、論文の主張に沿うよう有利にデータが操作されていた、と認定されました。

京大iPS研で論文不正 内容と発覚の経緯

不正と判断された論文は昨年2月、米科学誌ステム・セル・リポーツに掲載されました。
この論文では、「血液脳関門」という脳を守るために、脳に入る血液中の物質を制限する働きをする機構と、同様の特徴を持つ脳の血管内皮細胞を、iPS細胞からつくったというものでした。
その後、論文の信頼性について疑義があるとの情報が同研究所に寄せられ、実験の測定値のデータから論文の一部のグラフの再構成を試みたところ再現できませんでした。指摘を受けた京大は、昨年9月~今年1月に調査していたところ、不正が発覚しました。
京大の聞き取りに対して、不正を指摘された山水助教は
論文の見栄えを良くしたかった」と、答えています。

論文不正発覚を受けた、山中伸弥所長の会見

5年前のノーベル生理学・医学賞受賞時とは打って変わった厳しい表情で、会見ののぞむと、
「非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申し上げる」
と謝罪し、不正防止策について問われた山中教授は。
「厳しくやっていると自覚していたが、気が付くと形骸化していた」と反省の弁を述べた上で、「実験の段階から主任研究者が各研究者のノートを自らチェックし、不備がある場合はイエローカードを出すことをしないと不正は防げない」
と答えました。今後の自身も含めた関係者の処遇に質問が及ぶと、
所長を辞職するかに関し「その可能性も含め、どういう形が一番良いのか検討したい」と苦悶の表情で答えていました。

京大iPS研で論文不正 破られたチェック機能

京大iPS細胞研究所では、10年の開設以来、実験専用ノートを全研究者に配布し、3カ月ごとに知的財産の担当者に提出することが義務づけられてきました。データ管理の徹底、データの改ざんや捏造の防止が目的でした。
山水康平助教のノートの提出率は86%と高いものの、記入内容は「メモ書き程度だった」といいます。
論文発表の前には、実験の生データについても研究所に提出することが義務付けられていましたが、ノートやデータの内容についてのチェックはほとんど行われていなかったのが、今回の不正につながったとみています。

京大iPS研で論文不正 湊長博理事・副学長の声明

学内の研究を管轄する湊長博理事・副学長は
「(成果を出さないといけないという)プレッシャーはみんなが感じている。研究不正は個人の資質によるところが大きい」とした上で、「大学院、学部時代からの教育こそが非常に重要だ」
と述べ、さらに研究倫理に関する教育を学内で徹底させていく考えを示しました。

京大iPS研で論文不正 根本的問題

iPS細胞研究所に所属する研究者は、教授ら一部の主任研究者を除いてほとんどが有期雇用です。山水助教も雇用期限が今年3月末に迫っており、研究成果を求められ、雇用延長や別の研究機関での就職にも直結する状況が、今回の不正を招いたとの指摘もあります。
位田隆一・滋賀大学長(生命倫理法学)は、成果第一主義の弊害に加えて、以下の改善を訴えています。
・論文提出前に共著者がしっかりと目を通し、承諾する仕組みを徹底できれば、研究不正は起こりにくいはず。
・環境づくりをせずにただルールを厳しくしても、網の目をすり抜けるケースが出てきかねない。

Twitter上には、山中先生へのエールと成果主義批判

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js