岡山・福岡の歯科で、傷害・業務上過失致死事件の報道、相次ぐ。

岡山・不必要に患者の歯削り損傷 傷害の容疑で歯科医師を逮捕

17日、岡山県警は、患者の歯を不必要に削り損傷させたとして、傷害の疑いで歯科医師の男性を逮捕しました。歯科医師は「患者を傷つける行為はしていない」と傷害の容疑を否認しています。

奥歯2本の健康な部分を切削し、治療に約1カ月かかる傷害

傷害の容疑で逮捕されたのは、福原淳郡容疑者(53)。これまでにも傷害を疑われるような事件を起こしています。
昨年5月17日、「岡山ファミリー歯科」に初診で訪れた岡山市の男性(25)の承諾を得ていないのに、歯科器具を使って奥歯2本の健康な部分を切削し、治療に約1カ月かかる傷害を負わせた疑いがもたれています。
県警によると、昨年5月末、男性が受診した別の歯科医師が警察に相談したことを受け、捜査を進めていました。同様の傷害の被害情報が医師や患者から複数寄せられており、関連を調べています

「岡山ファミリー歯科」ネット上の評判

気になるのは、「同様の傷害の被害情報が医師や患者から複数寄せられており」という部分ですね。
それと言いますのも、この「岡山ファミリー歯科」は、月1000万人が使うお医者さん探しサイト『病院ナビ』の口コミでは、岡山では一番いい歯医者さんなのです。
これは、まあヤラセだったということですかね?
歯科・病院関連の口コミサイトにヤラセが多いのはなんとなく分かってはおりますが、それはその病院の診察にかかってから分かることです。
口コミサイトは便利ですが、結局最後の選択は自己責任になりますので、話半分に受け止めておく必要があります。

福岡では、局所麻酔後に異変、2歳の女の子死亡

15日、RKB毎日放送が報じたところでは、昨年の7月、福岡県内の小児歯科医院で、虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していたことわかりました。
関係者の話では、局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。
異変を訴える両親に対し男性院長は、
「よくあることだ」と、何の措置も取らず、およそ45分後に、両親が自力で近くの病院に運んだということです。
女の子は、その後大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。
大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査しています。

2歳児の虫歯って?

疑問に思われる方も多いようです。
昔の子供は小学校まで歯科検診はありませんでした。
現在は、乳幼児検診の「で一歳半検診」で、歯科検診も受けるそうです。

この歯科医の評判は?

旧帝国大学の歯学部出身の、大変プライドの高い先生だそうです。
福岡県内にいくつかの分院もある、小児歯科です。
それだけに、思わぬトラブルが発生しても、プライドが邪魔をして救急車が呼べなかったのかも?という声もあります。

最後に

匿名掲示板、口コミサイト、病院関連のサイト等、3,000以上の書き込みを読みましたが、歯科医への憤懣やるかたない思いを知りました。ここから得た教訓は、ヤブだと思ったら、すぐによそに行くしかありません。歯科医にかかるのも自己責任なんですね。
ごく当たり前のことを見逃していたのですが、歯科医は医者ではなくて、口腔内の治療しかできないので、想定外のトラブルには対処できないということです。これも異変を感じたら、大声で、救急車を要請するしかないですね。

歯医者も選ばなきゃ殺されるのか!

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js