新潟・JR信越線、三条市内の踏切近くで立ち往生、大雪のため半日以上動けず 430人が車内で一夜

JR信越線、三条市内の踏切近くで立ち往生

11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線の踏切近くで新潟発長岡行きの普通電車(4両編成)が約430人の乗客を乗せたまま、大雪のため動けなくなりました。
電車が立ち往生しているのは三条市の東光寺駅と帯織駅の間。
12日午前10時現在も、電車は線路上に止まったままとなっていて、JRは復旧作業を進めています。

JR信越線 立ち往生の原因

このJR信越線・新潟発長岡行きの普通電車(4両編成)は、11日午後3時過ぎに新潟駅を出発する予定でしたが、雪の影響などで大幅に遅れたため、通勤・通学ラッシュの時間帯とも重なり、大勢の利用者が乗車したと見られます。
車両の下に雪を抱え込んだ状態になったのが、立ち往生の原因と考えられます。

信越線 立ち往生した車内では

現場周辺で乗客を電車から外に誘導するのは安全上の懸念があるということで、「車内で待っていただき、除雪が済み次第、運転を再開する」と繰り返しアナウンスが流されました。
電車には電気や暖房、それにトイレがついているということです。
車内では混雑した状態で、立ったまま一夜を明かした人も少なくありません。
12日午前0時すぎにNHKの電話取材に対し、高校2年生の男子生徒は
「電車の中は人がいっぱいで、みんなずっと立ちっぱなしで足がつらい。のどがかわいたしおなかもすいたが、食料もまだ配られていない」
と話していました。

信越線 立ち往生、救助の進展

11日午後11時半前、乗客の40代の男性が脱水症状を訴え、病院に搬送されました。
乗客の女性2人も体調不良を訴え消防に救助されています。
午前4時半過ぎ、家族などが迎えにきた一部の乗客が下車しました。
午前5時頃、飲み物のほか食料も車内の乗客に届けられました。
午前8時頃、JRの社員が乗客の名前を呼んで運転席の近くのドアから外に誘導しています。
午前9時、車内にはおよそ200人の乗客が残っている模様。
午前10時半、信越線 半日以上立ち往生の普通電車が移動開始の一報が届きました。

信越線立ち往生の影響とJRの対応

信越線では、3つの駅でも別の電車が止まり、車内には乗客の一部が残されました。

一方深夜未明には、電車が止まっている場所から1キロほど離れたJR帯織駅前では、電車に乗った家族を待つ人の車が数百メートルの列をつくっていたという報告が届いております。
通学の時間帯にぶつかっていたこともあり、明日から始まるセンター試験を控えた受験生も乗車していたと見られ、父兄からはJRに対する、非難の声が上がっています。

・高校3年の受験生の息子を待つ47歳の父親は
「ぎゅうぎゅうに詰められて立ちっぱなしになっていて、足がもう限界だと言っている。JRに電話したが、情報が何もなく対応が悪い」
・高校3年の孫を待つ60代の女性は
「駅から近いので早く降ろしてもらいたい。受験生で、土日にセンター試験があるので、早く降ろしてほしい」
・高校3年生の娘がいる三条市の48歳の女性は
「車のガソリンがなくなりそうなので暖房を切って昨夜7時ごろから待ち続けています。携帯電話の電池も切れて子どもと連絡がつきません。JRの社員は朝方まで1人も説明に来ず、頭にきています」

JRの対応に不満の声を漏らしています。

Twitter上には、後手後手に回る救助への疑問、雪の恐ろしさ、乗客同士の譲り合いの精神への賛美

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。