はれのひ騒動いまだ終結せず。メルカリへの大量出品かさらに被害者の会が結成された!

成人式用の振袖の営業をしていた「はれのひ」が成人式当日に突然行方をくらました件に関してたくさんの情報が上がっています。

メルカリの話題もその中の1つです。

すでにネット上でははれのひの社長の実名が特定されるなどSNSでもこの件に関するつぶやきが溢れかえっています。

それだけ衝撃的なはれのひが起こした事件がこれから成人となる若者の心を踏みにじりさらに多くの人の注目を集めています。

はれのひによる被害を受けた人々がメルカリ出品目撃を呼びかける

https://twitter.com/mxow_woxm/status/950864509463273472

https://twitter.com/riho085_t/status/950933577000038400

https://twitter.com/minoru72/status/951026519920467968

ツイッターではこのように被害者がメルカリに出品されていたかもしれない自分の振袖の行方を捜しています。
こんなにも大量の振袖は一体どこに収納されてあるのでしょうか。
もしくはすでに全てが売りさばかれたのか?
メルカリ出品の疑惑が新たに出てきたことで様々な憶測が飛び交っています。

メルカリ側ははれのひとの関連を否定

フリマアプリのメルカリは振袖や帯、着物用品の大量出品があった登録アカウントがはれのひの関係者であると指摘されましたが、「現時点でそのようなことは確認されていない」と関連していることを否定しています。

このメルカリでのアカウントが出品しているアイテムはすでに削除されており見れない状態となっています。

これはメルカリ側が2ヶ月ほど前より企業による出品と判断し指摘していたが、出品アイテムに対する見直しが行われなかったため、9日に非公開にしたと発表しています。

メルカリ側は当アカウントの出品者がはれのひと関係しているのかどうかの確認を取るよう連絡をしているようです。

さらに、この問題はメルカリにとどまらず、楽天のフリルというフリーマーケットアプリで業者からの大量出品と思われるアイテムがあったため、すでに非公開という処理を行いました。
フリルで出品していたアカウントがはれのひとの関係があるとはっきりしていませんが、すでに数件の取引が行われた後であることがわかっています。

はれのひによる被害者の会が結成された

呉服店を中心に被害者の会が発足されました。
被害を受けたのは今年成人をする若者だけに限らず、来年の振袖を予約していた人達、さらにその他多くの企業が1000万もの未収金があるなどはれのひによる被害を受けました。

2018/01/08
はれのひ株式会社被害者の会を立ち上げます
このたび、成人式の日に、はれのひ株式会社に、代金を支払っているのにもかかわらず、サービスが提供されず、成人式当日に着物の着付や着物の未返還が生じている問題。少しでも被害者の方の負担を軽減すべく、「はれのひ株式会社被害者の会」を立ち上げます。全てのご要望に応えることは困難かもしれませんが、できる限り、被害を受けた方の負担を軽減したいと思っております。(担当:編集長 松尾俊亮)

まず被害者の方は、

①領収書や申込書などの書類など証拠となるものを保管する事

②独立行政法人国民生活センターへの相談 http://www.kokusen.go.jp/map/

③宜しければ(可能であれば)、弊誌お問い合わせに被害の事例をご報告ください。(証拠となる書類の写真なども添付して頂きますようお願い致します)

http://status-marketing.com/inquiry

料金を払ったにも関わらず、正当な対価を得られなかったことに関して、正当な対処を行ってください。弊社きものと宝飾社は、着物の業界誌・メディアとして着物業界の有志と連携して、被害者の会を立ち上げます。また卒業式のレンタル、2年後など将来のレンタルなどでのトラブルに関してもご連絡をおよせください。(状況や書面などに関しても確保保管しておいて下さい。)

また、この会の活動に賛同、協賛くださる企業様、業界関係者様もございましたら、弊社までご連絡ください。お問い合わせ

宜しくお願い致します。

※1月10日(水)現在、多くのお問い合わせ、電話を頂き、対応が遅くなっております。ご連絡、ご返信が遅くなり申し訳ございません。ご返信差し上げるまで、今しばらくお待ちくださいませ。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

http://status-marketing.com/20180108-2592.html

関連:はれのひ


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。