H&Mが黒人少年を広告に使用し、人種差別の非難浴びて謝罪

黒人少年モデルの商品画像に人種差別との批判が殺到し、H&Mが謝罪

世界的な衣料品専門店のH&Mは、猿という英語の文字がプリントされたパーカーの広告のモデルに黒人の少年を起用したことについて、「人種差別主義だ」などと批判が相次いだことを受けて謝罪するとともに、広告の内容を差し替えました。

問題となったパーカーには「ジャングルで一番かっこいい猿(COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE)」とプリント

ロンドン(CNNMoney)の報道によりますと、スウェーデンのカジュアル衣料大手「へネス・アンド・マウリッツ」(H&M)は2018年1月8日、「ジャングルで一番かっこいい猿(COOLEST MONKEY IN THE JUNGLE)」とプリントされた緑色のパーカーのモデルに黒人の少年を起用したことについて、人種差別との批判を浴びたのを受けて謝罪しました。

H&Mの報道担当者は、H&Mが出す全ての広告から人種差別との問題となった画像を削除したと述べ、「不快な思いをした方々におわびします」と謝罪しました。広告にモデルを使わず、パーカーのみを掲載する形に内容を差し替えています。

パーカーを着た少年の画像はH&Mの英国向けオンラインストアのサイトに掲載され、ソーシャルメディア上で数百人から一斉にH&Mに対して「不適切」「この広告がなぜ許されるのか」などと人種差別との非難を浴びました。人種差別問題によって、H&M商品の不買運動を求める声も寄せられていました。

H&Mの同じシリーズのパーカーで、「生き残りの達人」という文字や動物のイラストがプリントされた他の商品の広告には白人の子どもが登場しているとの人種差別の指摘もありました。

H&Mの広告の「修正版」としてツイッターに投稿されたイラストでは、黒人の少年が着たパーカーの文字が「人種差別者H&Mのカタログで一番かっこいい子」に差し替えられています。

問われる広告の制作基準

広告が批判を受けた事例としては、去年秋にも、インターネット上で公開されたせっけんのコマーシャルについて、黒人の女性がシャツを脱ぐと白人に変わる内容が「人種差別的だ」などの批判を受けて、ヨーロッパを拠点とする大手日用品メーカーが謝罪するなど、広告の制作基準が問われるケースが相次いでいます。

H&M(エイチ・アンド・エム)は、スウェーデンのアパレルメーカーエイチ・アンド・エム ヘネス・アンド・マウリッツが展開するファッションブランドです。低価格かつファッション性のある衣料品を扱う、いわゆるファストファッションの一翼を担う企業のひとつとして世界的に知られています。

H&Mの商品の主力は手頃な価格の衣料品ですが、カール・ラガーフェルド、ステラ・マッカートニー、ヴィクター&ロルフ、マシュー・ウィリアムソンなどの有名デザイナーによるラインナップや、マドンナ、カイリー・ミノーグとのコラボレーションによる商品も発売したことがあります。H&Mのブランドで化粧品も手がけています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。