青木ヶ原樹海で自殺者動画を撮影し炎上したユーチューバー、ローガン・ポール まだ炎上止まず

ローガン・ポールのような倫理に反する過激な動画を投稿するユーチューバーが発生する背景には、ユーチューバーというビジネスモデルに問題があるのでは

富士山麓の青木ケ原樹海で発見した自殺者とみられる遺体の映像をユーチューブに投稿した米国のユーチューバー、ローガン・ポールについて、ネット上では非難が殺到し物議をかもしました。

自殺の名所として有名な青木ヶ原樹海では、長年にわたり数多くの自殺者が出ています。ローガン・ポールはこの青木ヶ原樹海を最近訪れ、木に首をつった状態で死亡している男性を発見して撮影しました。ローガン・ポールが撮影した動画では、自殺者の顔は加工でぼかされていましたが、遺体であることははっきりと分かりました。

ローガン・ポールは、投稿した青木ヶ原樹海の動画の冒頭で次のように述べています。「これはクリック稼ぎじゃない。このチャンネルに投稿した中で最もリアルなビデオブログだ。これは確実にユーチューブの歴史に残るだろう。ユーチューブ上にいる人で、これに遭遇した人はいないはずだから。さあ、準備はいいか? こんな動画を見ることは、今後二度とない」

青木ヶ原樹海で自殺した遺体を撮影中、ローガン・ポールは「今、いろいろなことが頭の中にある。これは僕にとって初めてのこと。彼の手は紫色になっている。今朝(自殺を)したばかりだ」と述べています。

ローガン・ポールは少しだけ、青木ヶ原樹海の動画の中で深いコメントをしようとも試みています。「自殺はジョークじゃない。鬱(うつ)や心の病もジョークじゃない。僕らはこの森の忌まわしい面に焦点を当てようとここに来た。見ての通り、本当にリアルな結果になった。もちろん、たくさんの人が、たくさんのひどい人生経験をしている」

しかし、ローガン・ポールが投稿した青木ヶ原樹海の自殺者を撮影した動画はその後削除されました。ローガン・ポールは2017年12月31日夜にツイッター上で謝罪することになりました。ローガン・ポールに対する非難は異常なほどでした。

「ローガン・ポール」はトレンドワードとなり、数日たった今もその勢いは衰える様子がありません。著名人らも一様に、自殺者を撮影した動画を投稿したローガン・ポールは人間のクズだと、Twitter等で批判しています。

ローガン・ポールだけではありません。人気ユーチューバーは、過激な動画を作成することでキャリアを作り上げています。奇抜な動画であればあるほど良いという空気がそのような動画を作成させているのでしょう。

しかし、3年前に人気だったユーチューバーたちは、今も健在の人物は多くないはずです。それは、YouTubeに投稿する動画のハードルが日々高くなっているためです。今はやりのユーチューバーよりも若い人、過激な人、容姿端麗な人、筋骨隆々の人は、常に存在するのです。

ローガン・ポールのように更新頻度が高いビデオブロガーは、毎日休まずにコンテンツを作成しなければならず、かかる労力は大きいのです。病欠も、休暇もなしで投稿しなくてはいけません。

青木ヶ原樹海で遺体を見つけたローガン・ポールは、遺体を見つけたとき何を思ったのでしょうか。きっと「大当たり! 最高視聴数の新記録間違いなしだ。この動画は誰もまねできない。遺体を見つけられる場所なんて、そうそうない」と思ったことでしょう。

青木ヶ原樹海の動画の最後の場面では、ローガン・ポールは日本酒をあおりつつ、視聴者にチャンネル登録をして「ローギャング」の一員になるよう呼びかけています。ローガン・ポールにとって、死体を見つけようが見つけまいが、宣伝は常に欠かさないというわけです。

ローガン・ポールは青木ヶ原樹海の動画トラブル謝罪後、動画の投稿を自粛していますが、きっとすぐに復帰することが予想されます。なぜなら、販売すべき商品やブランドとの契約、コラボ、スポンサーの提供する旅行やコミットメント(確約)があるからです。ユーチューバーは、ばかなまねをすることで、多額の金額を稼げるビジネスになってしまったからです。

ユーチューバーと、その動画を視聴するネットユーザーの倫理観が問われています。倫理に反する動画には、広告を掲載しないなどの措置をとらない限り、ローガン・ポールのような過激な投稿を行うユーチューバーは後を絶たないでしょう。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

1 個のコメント

  • なんで楽しんでいるような奇声やジェスチャーをしていた事は書かないんですかねぇ