大阪大学で入試ミスが判明、大学側は30人を追加合格することに

大阪大学入試ミス、外部からの指摘により判明 追加合格者への補償も検討

大阪大学は2018年1月6日、2017年2月に実施した入学試験の物理で出題と採点にミスがあり、誤って30人を不合格にしていたと発表しました。現在大阪大学に在籍中の学生9人も第1志望の学科で不合格になっていました。

 大阪大学は、同日付で30人を追加合格とし、希望者は今年4月からの入学や2年次からの編入として受け入れるということです。経済的な補償も検討しています。9人の在校生も転学科を認めるそうです。

 大阪大学の入試ミスにより追加合格となる30人の内訳は、理学部4人、医学部2人、歯学部1人、薬学部2人、工学部19人、基礎工学部2人となっています。第1志望の学科で合格していたのに第2志望の学科に合格とされたのは、理学部1人と工学部5人、基礎工学部3人の計9人です。

 記者会見した大阪大学の小林傳司副学長は「受験生、在校生、家族に多大な迷惑を掛けた」と謝罪しました。

 出題と採点にミスがあったのは、大阪大学医学部など6つの学部を対象として2017年2月に行われた前期日程の物理の試験です。

 大阪大学によりますと、ミスがあったのは2問とのことです。問題の数値設定を誤る出題ミスと、複数の回答が導けるのに一つだけを正答とした採点ミスがありました。2017年12月に大阪大学外部からメールで指摘があり、複数の教員が調査していました。

 大阪大学によりますと、2017年8月9日、大阪大学外部から物理の問題の一部にミスがあるのではないかという指摘がメールで大学に寄せられたそうです。このとき大阪大学側はこのメール送信者に、入試問題を作成した理学部教授2人が問題なしと回答していました。

 しかし、2017年12月4日にも別の外部の人物から同じような指摘が寄せられました。このため、大阪大学の問題作成責任者や副責任者とは別に4人の教員を加えて検討した結果、ミスが判明しました。

 入試ミスとなった設問を巡り、高校教員らが参加して2017年6月10日に開催された検討会でも不備を指摘する意見が出ていましたが、問題作成責任者らは自分たちの解答例が正しいと説明していました。

 入試ミスを見逃したことについて、大阪大学は「厳正、確実であるべき入試でこのような事態を引き起こし、深くおわびするとともに、当該の合格者や学生のことを最優先に考え、事情を考慮し、誠心誠意対応してまいります」と釈明しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js