式守伊之助がセクハラ行為 日本相撲協会は懲戒処分を検討

日本相撲協会でまたトラブル 式守伊之助がセクハラ行為か

日本相撲協会は1月5日に、立行司の式守伊之助(しきもりいのすけ)(58)=本名・野内五雄、宮城野部屋=が2017年12月の冬巡業中に若手行司へセクハラ行為を行っていたと発表しました。

 日本相撲協会によりますと、セクハラ行為があったのは、冬巡業の宜野湾場所初日となった2017年12月16日とのことです。巡業先のホテル内で夕食中に泥酔した式守伊之助が、部屋まで式守伊之助を送っていった10代の若手行司に対し、唇や胸部に触れるなどの行為を行ったそうです。

 行司会監督の幕内行司が、式守伊之助の行為事実の概要を知り、この日夕方に日本相撲協会に報告しました。

 日本相撲協会の危機管理委員会が調査したところ、式守伊之助の行為が事実であることを確認したそうです。式守伊之助の行為の被害者となった若手行司は、ショックを受けており、式守伊之助に謝罪を求めたそうです。謝罪の求めに対し、式守伊之助は、「泥酔していたので、覚えてない」「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのかわからない」などと話したものの、自らの行為は認めて謝罪したそうです。

 日本相撲協会によりますと、式守伊之助の行為の被害者となった行司は、式守伊之助に対し処罰を求める意向はなく、警察に被害届を出す考えもないそうです。しかし、式守伊之助が立行司として行司全体を指導し、管理する立場にあることから、日本相撲協会は臨時理事会を開き、懲戒処分を検討する方針としています。

日本相撲協会は、2017年11月に起きた日馬富士の暴行問題に続くトラブルとなりました。日本相撲協会の管理体制に対して、また世間から批判を浴びることは免れないでしょう。

式守伊之助は大相撲の立行司の名前で、木村庄之助に次いで2番目の地位(番付で言うところの西正位横綱)にあたります。当代は2013年11月場所から務める40代(2016年11月現在)です。

式守伊之助という名跡は、代々三役格から立行司に昇格する行司が襲名しており、軍配には紫白の房、装束には紫白の菊綴じを着用し、木村庄之助同様、差し違えた際に切腹する覚悟を意味する短刀を左腰に差し、右腰には印籠を下げています。本場所では三役格以下と同様に2番を合せています。

2008年5月場所からは10代式守勘太夫が38代を襲名しました。2011年11月場所より38代が木村庄之助を襲名し、16代木村玉光が39代を襲名するはずでしたが、健康問題を理由に辞退したため、式守伊之助は暫く空位となりまし。2012年11月場所より10代木村庄三郎が39代を襲名しました。2013年11月場所、39代が木村庄之助を襲名したのに伴い、11代式守錦太夫が40代を襲名しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。