岐阜県池田町にて、初日の出を見に行った車8台が土砂崩れで立ち往生

長野県阿智村で高齢夫婦が行方不明に キノコ採りで山林に入り遭難?100人態勢で捜索続く

岐阜県・池田山にて土砂崩れ発生、通行止めのゲートを開けて進入か

元旦から土砂崩れのトラブルが起きました。

岐阜県で初日の出を見に車で山へ登った14人が、土砂崩れで道路をふさがれ、下山できないトラブルが発生しました。

1月1日午前7時半ごろ、岐阜県池田町片山の池田山(924メートル)山頂に向かう町道で、車で初日の出を見に来た愛知県一宮市の男性(21)から「土砂崩れで通れない」と110番がありました。

 岐阜県警揖斐(いび)署によると、道幅約5メートル、奥行き約15メートルにわたって道路脇斜面の土砂が崩れ道路をふさぎ、車8台が立ち往生しましたが、けが人はいないそうです。

 同署によると、8台には男女12人と、3歳と5歳の子ども2人の計14人が乗車していたそうです。男性は初日の出を見るために、車で池田山山頂に向かっていましたが積雪で引き返すと、土砂崩れが起きていました。

 車に乗っていた14人のうち10人は、車を置いて徒歩で下山したとそうです。池田町の職員らが土砂を撤去し、午後3時ごろに通行が可能になりました。残りの4人は土砂が撤去された後に車で下山しました。

 同署や池田町によると、土砂崩れのあった町道は、昨年12月28日から積雪や路面凍結のため通行止めにしていました。初日の出を見るために誰かがゲートを開けたとみられています。

 土砂崩れの現場は、養老鉄道池野駅から南西約2.5キロの山道でした。

 池田山は、岐阜県では金華山に続く有名な夜景スポットとして知られています。池田山を上る道は複雑で、山頂まで20分ほどかかりますが、それでもいつも多くの車が夜景を見るために集まっています。

 池田山山頂からは岐阜市を一望でき、またハングライダーの発着点があり、ここに座っての夜景観賞が一番綺麗だと言われています。また、池田山に登る道の至る所からも夜景が見えるようです。

 このように夜景スポットとして有名な池田山ですが、冬場は山道が閉鎖されることが正式に周知されており、地元の人たちが冬場に登ることはありませんでした。冬場は危険であることを地元の人たちは十分に認識していました。

 今回のトラブルに遭遇した人たちを救助するために、地元の池田町職員等の救助活動が行われました。今回のトラブルは、地元ではない人がトラブルに遭遇しており、閉鎖されているはずの山を登ったということで、トラブルに遭遇した人たちの自己責任も問われそうです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

長野県阿智村で高齢夫婦が行方不明に キノコ採りで山林に入り遭難?100人態勢で捜索続く

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。