京都市 伏見区 路上で刺され2人死傷 男が逃走中 伏見署の捜索続く

自宅警備員最強説を裏付けるような事件をもって、本年を締めくくるこ
とになりそうです。
「殺したる!」と繰り返し響き渡る男のうなり声は、大みそかの京都の
街を震撼させ、
「これでは、初詣にも行けない」
と、地元住民を凍りつかせています。

京都市伏見区 路上で刺され2人死傷 男が逃走中

31日午後3時ごろ、京都市伏見区肥後町の路上から、
「2人が刃物で刺された」
と、119番通報
が入りました。

刺された2人は病院に搬送されましたが、27歳の男性が死亡、45歳
の男性は腕などを切られ重傷ということです。

伏見署によりますと、刺された2人と刺した男は口論をしていたのを目
撃されています。顔見知り同士とみられ、伏見署はグループ内で何らか
のトラブルがあったとみて、殺人容疑などで逃げた男の行方を追う
とと
もに、死傷した2人の身元確認を進めています。
死亡した20代の男性は、右の胸を正面から刺されています。
40代男性は腕などに切り傷を負っています。

通報した女性の話では、
「包丁を持った人が南に逃げた」
男は40~50代とみられ、上下とも黒っぽい服装ということです。

現場となったのは、JR京都駅の南約5キロの伏見区役所に近い住宅地
です。

近くに住む主婦(75)は、
「人が倒れていて、担架に乗せられて救急車で運ばれていくのが見えた。
こんな事件は初めてで驚いている」
と、話しています。

なお、現場にはバンパーが壊れたワンボックス車が止められており、事
件当時は刺された2人を含め、男女4,5人がいたようです。

歴史情緒溢れる街

現在進行形のこの事件、全く異なった視点から注目を集めています。

・時代ロマン派:新鮮組の仕業か?坂本龍馬襲撃事件の舞台となった
「寺田屋」と事件現場が近いためか。

・実話系ロマン派:山口組VS会津小鉄か?

・現代ロマン派:スケートの本田真凛選手の実家が伏見区。

やはり歴史の街、何が起こってもロマンがついてまわりますね。
現場付近の住民からは、「ヘリ3機も飛んでる」との情報もあります。

大みそか、いかがお過ごしでしょうか?

大晦日の都内では、初雪が観測されたところもありました。
昨日夜の、19歳の少年による創価学会施設侵入・傷害事件
日中の、渋谷センター街ビル火災
起こりそうでで起こらない事件・事故の続発に、
やっぱり自宅最強だよな!
外出たら負けだよ!!
もう納得するほかありません。

今年下半期を振り返って

10月31日 「座間9遺体事件」
12月 8日 「富岡八幡宮 宮司ら殺傷事件」
12月17日 6月の事件ですが、この日詳しく報じられた「イギリ
ス人日本刀専門家の切腹自殺」

突然「横溝正史」返りとでも言うべき、物騒な事件が相次ぎました。
これらの事件の全容が明らかになるのは年をまたぐことになります。

みなさまにとって来年が良い年であることを、お祈り申しあげます。

Twitter上でもガクガクブルブル

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js