京都・伏見にて路上で刺され男性2人死傷の事件、容疑者は逃走したが、その後出頭。

京都府・伏見区にて殺人事件発生

12月31日午後3時ごろ、京都市伏見区肥後町の路上で、「路上で人が刺されている。早く来て」と110番通報がありました。京都府警によりますと、事件は、猪飼将希(いかいまさき)さん(27)と男性(45)が刺されて病院に運ばれ、胸を刺された猪飼さんがまもなく死亡しました。もう一人の男性は左肘などに切り傷を負う重傷ですが意識はあり、命に別状はないそうです。

現場から刃物を持った40~50歳くらいの男が刃物を持ったまま徒歩で南に逃走し、京都府警は殺人事件とみて犯人を探していました。

そして、事件から数時間後、大阪府警四條畷署に、逃走したとみられる男が出頭し、伏見署が男性に対する殺人未遂容疑で緊急逮捕しました。

京都府伏見署によりますと、逮捕された男は伏見区の中村正勝容疑者(50)です。中村容疑者は「刃物で人を刺した」と容疑を認めており、猪飼さん殺害容疑でも調べます。殺害された猪飼さんは、刃物のようなもので右胸1カ所を正面から刺された状態でした。中村容疑者は刺された男性らと面識があり、現場前のマンションに住んでいたとの情報があります。

京都府警伏見署によりますと、中村容疑者と被害者2人は知り合いとみられ、事件直前に現場で口論していたそうです。死亡した猪飼さんは胸、男性は腕などを刺されました。現場近くには前部が壊れたワンボックス車が残されており、車内には血のような痕がありました。ワンボックス車は、猪飼さんらが乗ってきたと見られています。

京都府警の捜査関係者によりますと、事件の現場にいたのは男女計6人のグループとのことです。職場でのトラブルがあり、刺された2人を含む男女5人は、中村容疑者とトラブルについて話し合うため自宅を訪ねましたが、中村容疑者が逆上し、路上で2人を刺したとの情報があるそうです。被害者2人が中村容疑者に注意していたとの情報もあります。

京都府伏見署は4人のうち女性(21)と男性(24)からトラブルの有無など詳しい経緯を聴いたところ、「(中村容疑者と)人間関係でもめていた。皆で話し合うために来た。猪飼さんと男性は車を降りた直後、刺されるなどした」と話しているそうです。関係者によりますと、男性の親族女性と中村容疑者が交際を巡ってトラブルになっていたそうです。

事件は、京都府伏見区役所に近く、京都市内を南北に走る幹線道路から一筋入った閑静な住宅街の中で起きました。京阪電鉄丹波橋駅から西に約900メートルのところで、住宅やマンションなどが立ち並ぶ一角でした。近くの商店の女性(57)は「早くーっ」と叫ぶ女性の声が聞こえ、外に出ると、倒れている人を男女数人で介抱しているのが見えたそうです。

事件現場の近くで商店を営む男性(81)は、「息子に『パトカーがたくさん来ている』と聞いて現場に行こうとしたが、ロープが張られていて近づけなかった。人が刺されたと聞いた。30年以上住んでいるが、普段は静かなところで、こんなに大きな事件は起きたことがない」と驚いた様子でした。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。