韓国アイドルSHINeeのジョンヒョン自殺 突然の死亡に悲しむファンと明かされる遺書

昨日12月18日に突然の悲報が飛び込んできました。
韓国の男性アイドル5人組のSHINee(シャイニー)のメンバーのボーカルを務めるジョンヒョンさん(27)が遺体で発見されています。
日本でも活躍していたアイドルですので韓国内に限らず日本でも悲しい声が上がっています。

SHINeeの所属する事務所は「エスエム・ンターテイメント」でコメントを発表しました。
「ジョンヒョンは一番に音楽を愛し、常にベストな状態でステージに立つ最高のアーティストでした」
とのことです。コメントによる追悼は他にもたくさん寄せられています。

ジョンヒョンさんは、ソウルにある清潭(チョンダム)の宿泊施設で倒れているところを発見されました。
すでに遺体となっており、発見される前、亡くなる前に姉へSNSで連絡していたことが分かっています。

そこには自殺を示唆する文章が書かれており、ジョンヒョンさんの姉が警察へ通報をしました。
「大変だった」「お疲れ様と言って」「最後の挨拶」などの内容です。

室内で鍛錬が見つかったため自殺を図ったとされました。
警察は、すぐに自殺とは断定せず事件性や事故の面でも捜査をはじめはしていましたが、遺書が見つかったことから自殺と断定されています。

SHINeeはトップアイドルで、激しいダンスとハイレベルな歌唱力が売りで、2008年にデビューして以来人気を誇っています。
ジョンヒョンさんはソロ活動も行っていて、12月9日~10日にソウルでソロコンサートを開催したばかりでした。

作詞作曲家としての音楽提供や、ラジオの番組を持つなど様々な面で活躍をしている真っ最中です。

多忙な活動、人とのかかわりから憂鬱になってしまったのでしょうね。
悲報を受けたファンの声も見ていきます。