富岡八幡宮 刀持った女暴れる 4人を殺傷

12月7日の夜8時ごろに、富岡八幡宮で女がを使って男女4人を殺傷する事件が起きています。
事件が起きたのは、東京都江東区富岡の富岡八幡宮で、富岡八幡宮の境内付近で参拝客から「女が刀を持って暴れている」と警察に通報がありました。
警察によると、男女合わせて4人が病院へ搬送され、現宮司の富岡長子さん58歳と元宮司で弟の茂永容疑者56歳、茂永容疑者の友人とみられる30代の女性が亡くなりました。

富岡長子さんが乗った車を運転していた、男性33歳も刀で襲われたが、命の別状はありません。
警察の調べでは、富岡八幡宮の防犯カメラに弟の茂永容疑者が、富永長子さんの首や胸を日本刀を使って刺し、女が短い刃物を使って運転手の男性を襲っているところが映っていました。
犯行が終わった後、茂永容疑者は共犯の女のお腹や胸を日本刀で刺し殺害、そして、自分自身の胸付近を何回か刺して自殺したとみられています。

警察は、富岡長子さんと弟の茂永容疑者の間でトラブルが起きて、この殺傷事件に発展してしまった可能性があるとし、茂永容疑者と共犯の女を被疑者死亡として殺人容疑などで書類送検する予定になっています。

富岡八幡宮の歴史は古く、江戸時代初期の建造された建物です。毎年8月になると「深川八幡祭り」が行われ、赤坂の日枝神社の山王祭や神田明神の神田祭と共に「江戸三大祭り」の1つでとても有名となっています。
この祭りは、見物に来たたくさんのお客さんに水を浴びせる「水掛け祭り」として地元の人に親しみをもたれています。2017年には宮司の就任をめぐる問題で神社本庁から離脱したことが話題になりましたね。

事件現場は、門前仲町駅から東におよそ400mの場所で飲食店やマンションが立ち並ぶところで起きました。
なぜ、このような事件を起こしたのか、被疑者が亡くなっているので事件真相の解明は難しそうです。


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。