歌舞伎町のホテルの浴室にて20代女性の遺体発見 他殺か自殺か 

12月5日の21時ごろ東京都新宿区歌舞伎町にあるホテルの浴槽で女性の遺体が発見されました。
警視庁の話によると、歌舞伎町にあるホテルの従業員から110番通報を受けたといます。

「客室にある風呂場で女性の遺体を発見した」とのことです。

女性には目立った外傷が見られず争った跡もないことから自殺の可能性も高いと言われています。

警視庁は、事件と事故両方の面で捜査をしているようです。

警察がホテルへ駆けつけると、水をはったままの浴槽に20代の女性とみられる遺体が発見されました。

ホテルは新宿二丁目にある「アランド新宿」とわかっています。

先日もmorenewsでラブホテルで起きた殺人事件に関して記事を書きました。

ラブホで51歳の女性死亡 ホテルで殺害、31歳の交際相手の男を殺害容疑で逮捕

ラブホテルでの殺人はよくあることとまではいいませんが、男女の問題で起きているようですね。

ましては歌舞伎町。
夜の街をイメージしますので物騒なところも多くあります。

女性の名前や殺害、自殺等まだ情報は出ていませんが、自殺にしても早いこと原因を知りたいものです。

ラブホテルでは防音設備が完備されているところが多いので、女性の皆さんは十分に気を付けてください。


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。