マルヨ無線事件から51年 裁判の進展はどうなったのか?

1966年12月5日の夜中に事件は起きました。福岡県の下川端町の電器店マルヨ無線川端店に、元店員当時20歳と少年当時17歳が強盗目的で侵入し、その時お店にいた店員2人をハンマーで殴り、現金22万円ほどと腕時計2個を奪いました。
また、犯行の証拠を隠すために石油ストーブを蹴り、放火して逃走、1人は助かったものの、1人は焼死体となって発見されています。

この犯行をした元マルヨ無線の店員は、マルヨ無線でアルバイトをしながら日本電波専門学校に通学していました。学校を卒業後、マルヨ無線の正社員に採用されています。
しかし、お店の商品であるラジオを盗んで、質入れをしていたことが会社にばれ、解雇されてから警察に通報されました。警察に身柄を拘束されている間に、マルヨ無線の店長が元店員のアパートに無断で侵入し、ステレオを持ち去っています。

裁判で保護観察処分を受けた元店員は、別の電気店に転職するも、マルヨ無線で働いていたときのように商品を盗んで、質入れをしていることが発覚、窃盗罪で検挙されました。
2年間少年院に入所していたが、そのとき仲良くなった当時15歳の少年にマルヨ無線に強盗に入る計画を話しています。出所した後、スピード違反の罰金を払うことに困り、強盗計画を実行することを決めました。

強盗した後に逮捕され、裁判を受けた少年によると「元店員が店に押し入り、店員を殺して、証拠を隠すために放火する」と強盗殺人計画だったと話しましたが、元店員はこの証言は事実ではないとして、あくまでも目的は強盗計画だけだったと話しています。
その後裁判が進み、椋岡地裁で元店員に死刑判決が言い渡されました。

しかし、元店員は放火したという事実を否定し控訴しました。しかし、4度の控訴をするもののすべて控訴棄却されています。
警察の取調べにたいして、店の出火の原因は、石油ストーブが転倒したことが原因であるといわれ、現場写真を見せ付けられ厳しく言及された後「石油ストーブを足で蹴って放火した」と嘘の自白をしたと主張しました。

1970年に元店員の控訴は棄却され、死刑判決が確定、共犯の少年は懲役13年が確定しました。
これで納得のいかない元店員は、今でも再審請求を行っています。
死刑が確定して40年以上も経つ今も、元店員は福岡拘置所に収監されています。


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。