元暴力団組員 神戸で牧師へ 「人生やり直せる」

神戸弟子教会に牧師、森康彦さん58歳は、元暴力団員という異色の経歴を持っています。
森康彦さんは、傷ついた若者たちを受け入れる活動をしています。両親からの虐待や薬物の使用など、いろんな事情で普通の生活ができなくなった少年や少女たちに寄り添って、これまで多くの人を社会に送り出してきました。

自分も元暴力団員ということから「人生はやり直せる」と静かに応援しています。
森さんは東京都出身で、中学生のころから友達と薬の使用や売買を行っていました。
大学を中退して、24歳で暴力団の組員になっています。キリスト教を崇めるようになったのは組員の時でした。

暴力団の仲間から教会に誘われて、教会に通うようになります。組織では幹部になるまでになっていましたが、薬をやめきれず、仲間とのトラブルがきっかけで43歳の時に組を破門されました。
破門された森さんは「十分好き勝手やってきた。これからは神に尽くそう」と思ったそうです。そこで森さんは、東京を離れ、名古屋と神戸の学校で神を学び、2010年10月に神戸弟子教会を設立しました。

開設すると、森さんの経歴を知った教会の関係者の依頼で、少年院から出てきた少年を預かるようになりました。
少年院から出ても、行き場がなく再犯する子どもも多かったようです。そのような子どもたちを救いたいと思った森さんは、2011年に「ホザナ・ハウス」を創りました。
15歳から19歳が原則として入ることができ、自立支援をしてもらえます。現在は15歳から24歳までの7人が生活しています。

11月の半ばの日曜の礼拝で、24歳の女性の美しい声が響きました。
その女性は、森さんが手を差し出した1人で、両親の虐待や離婚、いじめなどがあり学校に行かなくなりました。

そこから、薬物使用などで少年院に3回送られています。女性は「大人なんて信じられなかった。でもさびしかった」森さんに出会ってからは「一番の理解者。普通を押し付けず、素の自分を受け入れてくれる」と親しみを込めて話しています。森さんは「孤独でもがきながら生きる子供たちに、無条件の愛を注ぎ、前に進む力になりたい」と力強く誓っています。


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。