20代の男性ストーカー被害受け続けていた!ストーカーしていたのは40代女性「子供を作りたい」等メール送信 ストーカー容疑で逮捕!

40代女性がストーカー法規制違反で逮捕されました。
千葉県に住む42歳の中村弘美容疑者は、11月5日から7日にかけて83通ものメールを被害者男性へと送りつけていたことが逮捕につながる疑いとなっています。
事件が発覚し14日の朝に送検されました。

そのメールの内容には、
「子供を作りたい」
「新婚旅行は北海道が一周したいな。弘美ちゃん」
「愛してる」
「好きだ」
「今日はいなかったね」

などと一方的に男性へ送ったものが公開されています。

男性へのストーカー被害はこれだけではなく、何年もの間男性の職場へ客として現れたり、プレゼントを買ったという問い合わせメールを送ったり、かっこいいと周りにずっと言っていたようです。
男性の出勤時刻に合わせて、職場の周りをぐるぐる回っていたことも証言されています。
この被害を受けた男性は、毎日毎日ストーカー被害に悩ませられており、逮捕されてもなおまだ恐怖はぬぐいきれていないと発言しました。

中村弘美容疑者は無職で実家で暮らしていました。
ストーカーのような行為を行っていることを母親は知っていたらしく、毎朝「もう、やめなさい」と叱っていたようです。
さらに、中村弘美容疑者には兄弟がおりストーカーをやめなさいと言ったことで口論もしています。
3年間にも及ぶストーカー生活を終えて逮捕され、母親はいつかその日が来るだろうと思っていたのかもしれませんね。

携帯電話の待ち受け画面も男性で、携帯電話の番号も男性が教えてないにもかかわらず入手していました。
母親には「顔だけ朝見たいから見に行く」や、「相思相愛。相手も知っていることだから」と話していたと言います。

ストーカー被害は男性によるものが一般的に多いイメージでしたが、この事件を聞いて男性側にもストーカー被害への対応が必要になるのかと思われます。
ストーカー行為は、今やSNSや情報技術の発展により昔よりもさらに恐怖を与えるものになりました。
SNS上のやり取りから見たこともない人からのストーカー行為を受けたり、つきまとわれたりなど状況、手段は様々です。
警察へ伝えてま早急に対応してくれない場合もあるようでストーカー法規制に関しては改正が行われていますがまだまだ厳しい取り締まりが必要とされます。

このストーカー行為を行った女性に対しては、様々な声が上がっています。


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。