愛媛県松山市でひき逃げ事件 車暴走、運転手の男再逮捕

11月13日愛媛県松山市の中心部で今治市立花町で働く在間亮平容疑者(41)が運転する車がUターン禁止場所で車をUターンさせたとして道路交通法違反の疑いで逮捕されました。
在間亮平容疑者は取り調べで「ストレスから自暴自棄になり無茶苦茶な運転をした」と話しています。
さらに、在間亮平容疑者は4日間も寝てなかったといったようなことも発言しています。

同日午前2時ごろ松山市の鴨川二丁目で車と衝突事故を起こしてからの出来事です。
事故を起こしそのまま逃げたとして当て逃げの通報が警察に寄せられていました。
その後、中心部へと逃げ商店街の中やその周りを40分もの時間暴走したあと、車が動かなくなり近くにあった別の車に乗り移ろうとしたところを警察は現行犯逮捕しました。

暴走している途中、自転車に乗っている60代の女性をはね、軽傷を負わせています。その他物損事故も多数発生しました。
街中は路面電車も通っており、その軌道上で車はパンクしてとまっています。
商店街の車の通行が禁止されているアーケードの中を80キロものスピードで走っているのには正常な精神状態であるとは思えないほどの驚きです。

また、暴走時には後部座席に母親を乗せていたため世間からの驚きの声はより一層大きいです。
その暴走の模様は防犯カメラ等で記録されており、商店街の中を歩くベビーカーを押す女性や杖を突く老人などが一斉に店の中へ逃げる様子が写されていました。
目撃者の証言では、商店街内を猛スピードで暴走する中、在間亮平容疑者は窓から手を出してピースサインをしていたようです。

通常の精神状態でなくても40分もの間それが続くのは並大抵のものではないと専門家は話しています。
まるでカーチェイスを行っているかのようで暴走車を白バイが追いかけてはいたが、警察は原則市民に被害が及ばないことを前提としているため強引な手段には及んでいなかった。
さらに土地のつくりが碁盤の目のようになっており先回りができなかったことから40分もの長い暴走が続いたと考えられます。


コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。