多摩川で若い女性の下着姿遺体を発見 殺人など事件と自殺の両面で捜査を開始

多摩川で若い女性の下着姿遺体を発見 殺人など事件と自殺の両面で捜査を開始

東京都青梅市柚木町の多摩川で10月21日午前9時半頃、多摩川の近くに居た人から「川の中に人の足のようなものが見える」と警察に通報があり、警視庁青梅署の警察官などが川に浮かんでいる女性遺体を発見。現場で死亡が確認された事件がありました。

これまでに多摩川で見つかった女性遺体の身元などは明らかとなっていないが、若い成人女性とみられている。身元や死因について、警察が詳しく調べているが、女性遺体は下着姿で左足の靴下以外は身に着けておらず、額に切り傷があったという。

女性の所持品らしきものも見つかっていないことから、遺体が見つかった場所を中心に捜索が行なわれており、これまでに遺体は多摩川の上流から流れてきた可能性が高いとみられています。

警察は遺体で見つかった女性の身元を調べると共に、この女性が何者かに殺害された殺人事件などと自殺を図って死亡した両面から捜査を進めているということです。

(下着姿の女性遺体が見つかった多摩川周辺の地図:東京都青梅市柚木町)
多摩川で若い女性の下着姿遺体を発見 殺人など事件と自殺の両面で捜査を開始