大野城イオンで発砲事件 野村賢治容疑者が警察官ともみ合いになり拳銃から銃弾2発を発射

大野城イオンで発砲事件 野村賢治容疑者が警察官ともみ合いになり拳銃から銃弾2発を発射

福岡県大野城市錦町の「イオン大野城ショッピングセンター」(イオン大野城)の保安室内で10月20日午後、発砲事件がありました。住所不定・無職の野村賢治容疑者(44)がイオン大野城の店内で酒2本を万引きした疑いで男性保安員に窃盗容疑で現行犯逮捕された。その後、通報で駆け付けた警察官と男がもみ合いとなり、警察官が携帯していた拳銃から銃弾2発を発砲したものです。

逮捕された野村賢治容疑者は警察官が身に着けていた拳銃に手をかけて、銃弾2発を発射した疑いが持たれており、警察署に身柄を移して事情を聴いています。

男が警察官が拳銃から銃弾2発を発砲したこの発砲事件は20日午後3時頃、福岡県大野城市錦町の「イオン大野城ショッピングセンター」(イオン大野城)の店内で酒2本を万引きした疑いで保安員に窃盗容疑で現行犯逮捕された野村賢治容疑者が通報で駆け付け、身柄を引き取りに来た警察官ともみ合いとなったもの。

1階保安室(事務所)の室中で警察官ともみ合いになった野村賢治容疑者が警察官が携帯していた拳銃の引き金に手をかけ、拳銃から銃弾2発が発射されたという。

その際、発射された2発の銃弾は事務所内のキャビネットなどに当たったとみられており、この発砲事件でケガ人などはいなかったということです。

事件当時、事務所には警察官2人と保安員2人がいて、野村賢治容疑者の身柄を警察官に引き渡し、警察署に連れて行こうとしたところで暴れたということで、現在は身柄を署に移して当時の状況や暴れた経緯について詳しく聴いているということです。

事件直後のイオン大野城の様子など

ツイッターには野村賢治容疑者が警察官の拳銃から銃弾2発を発射した発砲事件が起きた直後の店外を撮影した写真が投稿されており、警察車両が店舗周辺に駆け付け、規制線を張って規制している様子などが確認できます。

大野城イオンで発砲事件 野村賢治容疑者が警察官ともみ合いになり拳銃から銃弾2発を発射