武蔵野市吉祥寺 東急百貨店前で暴走事故?高齢者が運転する車が歩道に突っ込み男女7人重軽傷

武蔵野市吉祥寺 東急百貨店前で暴走事故?高齢者が運転する車が歩道に突っ込み男女6人重軽傷

東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目の東急百貨店(吉祥寺駅前)で10月20日午後2時過ぎ、80代前後とみられる男性が運転する白色の乗用車(トヨタ・プリウス)が歩道に突っ込み歩行者数人を次々とはねる事故がありました。これまでに2歳から80歳代の男女7人が車にはねられ救急搬送されており、うち1人が重体との情報が入っています。

東急百貨店前で歩行者に突っ込んだ車にはもみじマーク(高齢運転者マーク)が付いていたということで、運転手は80代の男性とみられています。

事故を起こした車は東急百貨店の駐車場から出たところ、そのまま横断歩道で数人の歩行者をはねながら道路の歩道側に突っ込んだとみられており、周囲の街路樹がなぎ倒されています。

警察が事故原因を調べていますが、アクセルとブレーキの踏み間違えでの暴走事故や運転手の男性の急病などが考えられますが、これまでに詳しい事故原因については明らかになっていません。

現在、武蔵野市吉祥寺の東急百貨店前には事故原因を調べている捜査員の姿が確認でき、車が出てきたとみられる場所と停車した場所の間あたりには事故車両のホイールキャップなどの車両部品が散乱しているのが確認できます。

また、病院に搬送された2歳から80歳代の男女7人は重軽傷を負ったということですが、いずれも搬送時、意識がある状態だったということです。

事故現場は騒然、白色の乗用車が歩道側に突っ込み停車

ツイッターには事故直後に撮影された事故現場の写真などが投稿されており、事故現場となった東急百貨店前で停車する事故車両が確認できます。現在、東急百貨店前の歩道には多くの通行人がいて騒然となっているということです。

武蔵野市吉祥寺 東急百貨店前で暴走事故?高齢者が運転する車が歩道に突っ込み男女6人重軽傷