埼玉県上尾市で連続放火事件?住宅火災など不審火4件が相次ぎ警察が捜査を開始

埼玉県上尾市で連続放火事件?住宅火災など不審火4件が相次ぎ警察が捜査を開始

埼玉県上尾市で10月19日未明、住宅や工場などが燃える火事・火災が相次ぎ、合わせて4件の不審火が確認されました。警察が連続放火事件の可能性が高いとみて捜査を開始しました。

19日午前2時頃に上尾市井戸木の木造2階建て住宅が全焼する火事があり、消防が出動し消火活動にあたり、火は約3時間後にほぼ消し止められました。火災現場の住宅には夫婦2人が住んでおり、自力で避難しましたが、50代の妻が軽傷を負ったということです。

この住宅火災が起きる約2時間前には上尾市泉台のプラスチック加工工場でゴミ袋(廃材)などが燃えたほか、2軒の民家の敷地で自転車3台や三輪車などが燃える被害が確認されており、最初の火事から約3時間半の間に半径350メートルの範囲で不審火が4件相次ぎました。

火事が相次いだのが極めて狭い範囲だったことに加え、約3時間半の間に不審火が相次いだことなどから、警察が連続法事件の可能性があるとみて捜査を開始。10月中に市内で起きた不審火との関連についても詳しく調べる方針を固めています。

連続放火事件であれば、犯人と思われる人物が上尾市内の建造物や敷地内のゴミなどに相次いで火をつけて逃げている可能性が高いとみられています。

5日前には上尾市立大石中学校でポスターが燃える不審火

上尾市内で19日未明に起きた連続不審火と関連しているとみられているのは14日午前3時40分頃、上尾市中妻の「市立大石中学校」の北側校舎2階の廊下に掲示されていた教材用のポスターが燃えた不審火で、警備会社から消防に通報があり発覚したもの。

大石中学校の校内でポスターが燃えたのが午前4時前だったこともあり、校内に職員や生徒はおらず、警察は放火事件の可能性があるとみられています。

この中学校は19日に上尾市内で相次いだ不審火が起きた場所のすぐ近くで、同一犯の可能性も考えられますが、犯人像については不明で捜査が進められています。

埼玉県上尾市内で不審火が相次ぎ連続放火事件の可能性も視野に捜査を開始…Twitterの声

埼玉県上尾市で連続放火事件?住宅火災など不審火4件が相次ぎ警察が捜査を開始