百里基地の滑走路上でF4ファントム戦闘機から出火 離陸直前に左脚部分が破損し火災発生

百里基地の滑走路上でF4ファントム戦闘機から出火 離陸直前に左脚部分が破損し火災発生

茨城県小美玉市の航空自衛隊・百里基地で10月18日正午前、滑走路から離陸しようとしていたF4ファントム戦闘機の機体から出火し火災が発生するトラブルがありました。

消火活動が行なわれ、火はすぐに鎮火したということです。出火したF4戦闘機に乗っていた隊員2人は避難しており無事が確認されていますが、「左脚部分が破損した」と話しているということで、左脚周辺から出火した可能性が高いとみられています。

滑走路上で消火活動が行なわれましたが、百里基地内に延焼は確認されていません。また、これまでに共用している茨城空港を発着する民間機への影響はないということです。

ツイッターには百里基地(茨城空港)で写真撮影を行なっていた方が撮った写真が投稿されており、滑走路から黒煙が上がっているのが確認できます。

また、F4ファントム戦闘機から出火した瞬間を目撃していた方が「ファントムが燃えた」「タキシング中に左後ろのギアが折れ、燃料タンクに穴が開き、燃料に引火・・らしいです。」などと投稿されている。

百里基地の滑走路上でF4ファントム戦闘機から出火 離陸直前に左脚部分が破損し火災発生