枚方市の殿山第一小学校前で車が児童に突っ込み6人負傷の事故 北牧貴昭容疑者を過失傷害容疑で逮捕

枚方市の殿山第一小学校前で車が児童に突っ込み6人負傷の事故 北牧貴昭容疑者を過失傷害容疑で逮捕

10月18日午前8時10分頃、大阪府枚方市上野1丁目の「市立殿山第一小学校前」の路上で上島町在住の無職・北牧貴昭(きたまき たかあき)容疑者(21)が運転する車が集団登校をしていた児童の列に突っ込む事故があり、殿山第一小学校に通う児童5人と中学校に勤務する女性講師(55)の合わせて6人が重軽傷を負いました。

警察は車を運転していた北牧貴昭容疑者を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕しており、調べに対しては「太陽がまぶしかった」などと供述し、児童らに気付かずに集団登校していた列に突っ込んだとみられています。

小学校前の通学路で車が児童の列に突っ込んだこの事故は18日朝、大阪府枚方市上野1丁目の殿山第一小学校の正門近くの通学路上で起きたもので、当時、児童らは左端の路側帯を縦一列に並んで登校しており、列の後ろを近くの中学校の女性教諭が歩いていたという。

過失運転致傷容疑で現行犯逮捕された北牧貴昭容疑者が運転する白色の乗用車は児童らの列の後ろから突っ込んだとみられています。

この事故で男子児童3人と女子児童2人(小学1年~6年の6~12歳)、中学校の女性教諭(55)の合わせて6人が救急搬送され、このうち5年生の女子児童(10)が頭を強く打ったほか、4年生の男子児童(9)が顎の骨を骨折した可能性があり病院で検査を受けているという。

北牧貴昭容疑者は警察の調べに対して「太陽の光がまぶしくて子供の姿が確認できなかった」などと話しており、対向車を避けようとした際の前方不注意から事故が起きたとみられています。

事故が起きた当時、大阪市内から帰宅途中で同乗していた21歳の友人男性が警察に通報したことで事故が明らかとなりました。

これまでに車を運転していた男から酒気は検出されておらず、事故現場は殿山第一小学校のすぐ南側で、門から約50メートル離れた幅・約6メートルの直線道路。

近所の人によると事故現場となった通学路は児童らが歩いているにも関わらず、スピードを出して走行する車が多いなどと話しており、警察が事故原因や当時の状況について詳しく調べています。

大阪府枚方市の殿山第一小学校前で車が児童の列に突っ込み6人負傷の事故発生…Twitterの声

枚方市の殿山第一小学校前で車が児童に突っ込み6人負傷の事故 北牧貴昭容疑者を過失傷害容疑で逮捕