静岡市駿河区で殺人死体遺棄事件 静岡大学周辺の山中で腐敗が進んだ女性遺体を発見との情報

静岡市駿河区で殺人死体遺棄事件 静岡大学周辺の山中で腐敗が進んだ女性遺体を発見との情報

静岡県静岡市駿河区大谷の山中で10月17日午後、成人女性とみられる腐敗が進んだ遺体が発見され、遺体に毛布らしき物が巻き付いていたことなどから女性が殺害された後に静岡市駿河区の山中に遺体を遺棄した殺人・死体遺棄事件と断定し静岡南署に捜査本部を設置。遺体の身元や死因などについて司法解剖を行い、特定する方針を固めています。

この事件に関する続報や詳細などがあれば追って更新していく予定です。(10月18日午後9時頃に追記)

山中で腐敗が進んだ女性の遺体が見つかったこの殺人事件死体遺棄事件)は17日午後3時頃、今月11日に行方不明の届け出が出されていた行方不明者の女性の捜索を行なっていたところ、捜索に協力していた民間(NPO法人)の災害救助犬が遺体を発見したもの。

遺体が見つかったのは静岡市駿河区大谷の山中で、静岡大学から東に約600メートルほど離れた場所とみられており、遺体は腐敗が進んだ成人女性のものと確認された。

遺体の特徴は身長約160センチの女性で年齢不明。道路脇の山中にうつ伏せ状態で倒れており、白色の毛布とみられる布が巻き付いていたという。遺体発見当時、肌色っぽいトレーナーと紺色のズボンを着用していたが、靴は履いておらず裸足だったということです。

殺人事件などを捜査する静岡県警捜査1課が遺棄されていた遺体を調べたところ、山中で見つかった女性遺体に毛布のような布が巻き付いていたことから、犯人と思われる人物が女性を別の場所で殺害した後、山中に遺棄した殺人・死体遺棄事件と断定し捜査を進めています。

その後の捜査で、遺体は行方不明となっている静岡市駿河区小鹿在在住の無職・神 久美子さん(62)と確認されました。神 久美子さんは今月5日頃から行方不明となっており、同居する男性から相談を受けた親族が警察に11日に行方不明届を出していた。遺体発見現場は自宅から約1.4キロの距離だということです。

遺体発見現場は小鹿の森公園周辺の山中

行方不明届けが出されていた女性の可能性がある腐敗遺体が見つかった場所は国立静岡大学から東に約600メートルほど離れた道路沿いの山中だったということで、静岡大学(静大)の東側には山林があり道路も通っていることも確認できます。

遺体発見現場の道路沿いの山中の周辺には「小鹿の森公園」などの自然公園があり、さらに東に行くと一帯が山林となっており様々な施設がある場所です。

女性は殺害後、山中に運ばれ遺棄された可能性が高いとみられています。

(遺体発見現場の静岡市駿河区大谷の周辺地図)
静岡市駿河区で殺人死体遺棄事件 静岡大学周辺の山中で腐敗が進んだ女性遺体を発見との情報