32歳会社員の男が「AKB48」のCD585枚を福岡県太宰府市の山中に不法投棄 書類送検される事件

32歳会社員の男が「AKB48」のCD585枚を福岡県太宰府市の山中に不法投棄 書類送検される事件

投票券(シリアルナンバー)を抜き不要となったアイドルグループ「AKB48」のCD585枚を福岡県太宰府市連歌屋の山中に遺棄したとして、太宰府市在住の会社員の男(32)が廃棄物処理法違反の疑いで書類送検される事件があったと明らかになりました。

定期的に開催される「総選挙」投票券だけを抜き取り、不要となったCDを山に捨てたと供述しており、書類送検された男の名前などは公表されていません。

「AKB48」のCD585枚を山に捨てた疑いで32歳の男が書類送検されたこの事件は今年6月中旬、総選挙に必要な投票券を抜いて不要となった大量のシングルCDを太宰府市内の山中に捨てた疑いが持たれているもの。

捨てられたCDは沖縄県で今年6月にあったシングルCDの選抜メンバーを選ぶ総選挙のため、千葉県内の男性が購入したものだということが分かっており、CDに封入されたシリアルナンバーを入力すると応援しているメンバーに投票することが出来る。

千葉県在住の男性は大量のCDを購入し、AKB48のファン仲間だった別の男性らに「ナンバー入力が間に合わない」と開封作業やシリアルナンバーの入力を依頼。書類送検された男は依頼を受け、男性から郵送されたCD約1000枚を九州に住むほかのファン仲間4人と協力して作業を終えたという。

作業は福岡県那珂川町の公園で行なわれた後、男は約600枚を持ち帰ったが、段ボール箱で11箱分と大量にあったことから太宰府市連歌屋の山中に遺棄したということです。

不法投棄は6月12日朝、山を散歩していた住人が見つけ警察に通報したことで発覚。CDが入っていた段ボール箱にCDを購入・送付した千葉県に住む男性の名前や住所が記載されており、警察が山にCDを捨てた本人を捜査していました。

廃棄物処理法違反容疑で書類送検された男は「アイドル総選挙で投票券を使った後、処分に困って捨てた」と容疑を認めているということです。

「AKB48」のCD585枚を山に捨てた疑いで32歳会社員の男を書類送検…Twitterの声

32歳会社員の男が「AKB48」のCD585枚を福岡県太宰府市の山中に不法投棄 書類送検される事件