福井県池田町の池田中学校で男子中学生飛び降り自殺問題 原因は担任教師による執拗な叱責か

福井県池田町の池田中学校で男子中学生飛び降り自殺問題 原因は担任教師による執拗な叱責か

今年3月、福井県池田町の池田中学校で当時14歳の男子中学生が校舎3階の窓から飛び降り自殺を図り死亡した転落死事故で、転落原因を調べていた池田町の教育委員会は(自殺した男子中学生の)担任と副担任が繰り返し激しく叱責したことで追い詰められ、校舎から飛び降り死亡したという結論を示しました。「池田中学校の対応に問題があった」とも指摘しています。

通っていた中学校の校舎から飛び降り自殺を図り、当時14歳の男子中学生が死亡したこの問題は今年3月、福井県池田町の町立池田中学校で2年生の男子生徒が校舎3階から転落して死亡した事故。

学校でのイジメや学校内でのトラブルについて教育委員会が調査をしていましたが、10月15日に報告書を公表したことで当時の担任と副担任の2人(共に氏名非公表・男性と女性の教師)が繰り返し、強い叱責を浴びせていたことが明らかとなり、男子中学生は精神的に追い詰められた末、校舎から飛び降り自殺を図ったと認めました。

また、池田中学校の管理職(校長や教頭)が死亡した男子中学生の母親らからの要望に対して適切に対応しておらず、学校の対応に問題があったと指摘しました。

男子中学生は登校後、校舎から飛び降り自殺

死亡した男子中学生は今年3月14日午前8時頃、通っていた池田中学校に登校した後、校舎3階の窓から飛び降りたとみられており、校舎脇で血を流して倒れている男子生徒が見つかっていました。

担任と副担任からの厳しい叱責

問題があった池田中学校は生徒数40人で1学年1学級。女性の副担任は昨年4月から池田中学校に異動となり、2年生を受け持っていましたが、男子中学生が小学6年生のときには家庭科の教師をしており、家庭科の授業で居残りをさせられたことから家族に不満を話していたという。

男子生徒これまでに数回「学校へ行きたくない」と家族に話しており、いずれも担任か副担任に激しく怒られた後だったという。2年生後期からは生徒会役員になったが、マラソン大会の準備が遅れたことを理由に校門前で担任に激しく叱責されたこともあったという。

また、副担任からは宿題を提出していないことを問い詰められた際、理由を「生徒会や部活動をしているため」と説明したところ、「できないならやらなくてよい」などと言い放ち、男子生徒が土下座をしようとしたことも確認されている。

他にも今年に入ってから、担任が職員室前で叱責した際は「お前(生徒会)辞めてもいいよ」といった発言をしたことが記録として残っていて、自殺する前日には宿題のことで再び、副担任から激しく叱責され過呼吸に陥ったという。

男子生徒は3月初め、「僕だけが強く怒られる、だから(学校に)行きたくない」などと家族に話したことが明らかとなっています。

男子生徒を自殺に追い込んだ担任と副担任の人物像は?

これまでに男子中学生が通っていた池田中学校の2年生を受け持っていた担任と副担任らの名前などは公表されていませんが、担任は30代男性教師で副担任は40代の女性教師だという。

担任は現在、池田町外の中学校に勤務しており、副担員は池田中学校の別の学年を受け持っているということです。

福井県池田町の池田中学校で男子中学生飛び降り自殺問題 原因は担任教師による執拗な叱責か

1 個のコメント

  • 学校現場には驚くほど成りすまし朝鮮系が多い。日本人生徒を狙った計画的犯罪殺人の匂いがする。この事件も同様だろう。

    戦後の日本の学校教育は、日教組という北朝鮮人を常にトップに据える北朝鮮式学校教育に変わった。北朝鮮式とは共産党思想で教育をする事である。戦前の日本式(トップは純粋日本人)学校教育と違い、1人1人の個性を尊ばず、組織が決めた思想を無理やり生徒に教え込む。教師のメガネにかなわない生徒には執拗ないじめを繰り返す。生徒にもさせる。
    共産党が支配した全ての国家全体で起きている事だ。国が学校だけでなく共産党方式になると、学校内と同じで少しでも支配者に逆らう思想の人々は捕らえられ、投獄され、拷問後処刑される。戦前は日本式だったので、目前の植民地支配に抵抗する団結教育は入ったが、老人たちが常に若者に伝えていたように個性を消す指導は無かった。教える全ての事柄は教えた。後は任せるから頼むよ。それが日本式だ。だから日本人だけは唯一、世界一のアジア先進国になり得た。頭脳面でもノーベル賞は日本人はアジアトップだ。これは全て、戦前の日本式教育の成果である。完全に日本式教育が消え、北朝鮮や中国・韓国のような共産主義教育になると、もう偉人は誰も出なくなる。