愛知県弥富市の国道23号で男性2人がはねられ重軽傷の事故 道路上で口論中にはねられ負傷

愛知県弥富市の国道23号で男性2人がはねられ重軽傷の事故 道路上で口論中にはねられ負傷

愛知県弥富市富島の国道23号線・上り線の道路上で10月16日未明、口論をしていた30代と40代の男性が後続の車にはねられ重軽傷を負う事故がありました。2人は走行中の交通トラブルを巡って追い越し車線上に車を停車させ、車から降りて路上で掴み合いとなっていたところ、後ろから走ってきた乗用車にはねられたとみられています。

愛知県弥富市を通る国道23号線で起きたこの事故は16日午前1時45分頃、富島2丁目の上り線の追い越し車線の道路上に立っていた30代と40代の男性2人が後続の乗用車(ハイエース)にはねられたものです。

この事故で30代の男性が約3メートルにわたって引きずられ上肋骨や骨盤を折る重傷で、40代の男性が右肩を脱臼するなど軽傷を負い、搬送先の病院で治療を受けています。

事故現場の国道23号線は片側2車線の直線道路で、30代の男性が乗用車を、40代の男性が大型トラックを運転していましたが、走行中の交通トラブルから走行車線に車を止めて追い越し車線で掴み合いとなる口論をしていたところ、後ろを走っていた20代の男性が運転する車にはねられたということです。

事故当時、現場一帯には雨が降っていたことから、2人をはねた車を運転していた男性から追い越し車線で掴み合っていた2人が見えずらかった可能性が高い。

当時、1人が馬乗りになった状態だったということから喧嘩に近い状態だったとみられ、車の車線変更を巡ってトラブルになったとみられている。トラック運転手の男性は「相手がかぶせてきた」などと話しており、事故当時、乗用車が大型トラックの前に停車していたという。

愛知県警蟹江署が事故が起きるまでの経緯やトラブルの内容などについて、詳しく調べています。

(事故現場の国道23号線の周辺地図:愛知県弥富市富島2丁目)

愛知県弥富市の国道23号で男性2人がはねられる事故発生、追い越し車線で喧嘩?…Twitterの声

愛知県弥富市の国道23号で男性2人がはねられ重軽傷の事故 道路上で口論中にはねられ負傷