福岡市南区で中学生の弟が刺される殺人未遂事件 中学生の兄が殺害未遂で現行犯逮捕 家族間でトラブルか

福岡市南区の住宅で10月15日午前10時25分頃、この家に住む15歳の男子中学生が12歳の中学生の弟の胸を錐(きり)のようなもので刺して殺害しようとした殺人未遂事件があり、兄の少年が殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。警察の調べには「殺すつもりはなかった」と供述しており、家庭内トラブルから中学生の弟を刺した疑いが持たれている。

中学生の兄が3歳年下の弟を錐で刺して殺そうとしたこの事件は15日午前、福岡市南区の住宅で中学生の兄(氏名非公表・15歳)が同じく中学生の弟の胸を錐のような尖った凶器で刺して襲った事件です。

この住宅で同居していた家族(女性)が「弟が切られて血が出ている」と消防に通報があり事件が発覚。救急隊員が駆け付けたところ、12歳の男子中学生が胸を刺されており病院へ搬送されましたが、命に別状はなく治療を受けているという。

現場にいた兄で15歳の男子中学生が「弟を刺しました」と認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、警察の調べに対しては「殺すつもりはありませんでした」と殺意を否認しています。

福岡県警南署が動機や事件の経緯について捜査を進めていますが、逮捕された兄と被害者の弟の間にトラブルがあったとみており、家庭内でのトラブルが引き金となり事件が起きた可能性が高いとみられています。

(事件現場となった住宅がある福岡市南区の周辺地図)