福岡市南区の長住小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる事故発生 児童13人を救急搬送

福岡市南区の長住小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる事故発生 児童13人を救急搬送

福岡市南区長住4丁目の福岡市立長住小学校で10月13日午後0時半頃、6年生の児童・37人が理科室で化学の実験をしていたところ、児童が試験管から塩酸約3ミリリットルをこぼし、匂いをかいだ児童13人が体調不良を訴え病院に搬送される事故がありました。児童らは目の痛みや頭の痛みを訴えていたということです。

理科の実験中に児童らが体調不良を訴え救急搬送されたこの事故は13日午後、福岡市南区長住の長住小学校の理科室で起きたもので、当時、理科室では塩酸で鉄などを溶かす実験が行なわれており、6年生の児童37人が授業を受けていました。

児童の1人が机の上にあった試験管2本を倒したことで中に入っていた塩酸がこぼれ、教室内にいた教師が拭き取ったものの、塩酸の匂いをかいだ児童13人(6年生の男子児童4人、女子児童9人)が目や頭の痛みを訴え、病院へ搬送されました。

長住小学校から消防に通報があったことで事故が発覚しており、小学校前には消防車や救急車など十数台が集まり、症状を訴えた児童が救急搬送されたということです。

これまでに塩酸が直接かかった児童はいないとみられており、搬送された13人全員が意識がある状態だったということが分かっています。

(理科実験中に事故が起きた福岡市立長住小学校:福岡県福岡市南区長住4丁目5−39)

福岡市立長住小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる事故発生「消防車と救急車の数がやばい」との声

福岡市南区の長住小学校で理科の実験中に塩酸こぼれる事故発生 児童13人を救急搬送

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。