石橋和歩容疑者 同乗者(彼女)の制止を振り切り暴行に及んだ疑い 執拗に追跡した理由とは

石橋和歩容疑者 同乗者(彼女)の制止を振り切り暴行に及んだ疑い 執拗に追跡した理由とは

神奈川県大井町の東名高速道路の本線上で萩山嘉久さんと妻の萩山友香さん夫婦が乗った車の進路を妨害しトラックに追突され死亡した「東名高速夫婦死亡事故」で逮捕された石橋和歩(いしばしかず)容疑者が当時、同乗していた交際相手(彼女)とみられる女性(22)の制止を振り切って萩山嘉久さんに暴行を加えていたことが判明しました。

SNSなどネット上では「彼女が(石橋和歩容疑者)に指示させたのでは?」といった声も上がり、彼女の名前などが特定される騒ぎとなっていますが、これまでの警察の捜査で同乗者は萩山嘉久さんが乗る車の進路を塞いで停車させた後、運転席の男性を引きずり下ろそうとしていたのを止めていたということです。

東名高速の夫婦死亡事故については「石橋和歩容疑者を逮捕 東名高速の夫婦死亡事故 追い越し車線で進路を塞ぎ停車させた容疑」でも掲載しています。

神奈川県大井町の東名高速で今年6月、静岡県清水区在住の萩山嘉久さん(当時45)と妻の萩山友香さん(当時39)夫婦と娘2人が乗るワゴン車の進路を塞ぎ、追い越し車線上に停車させた約3分後に後ろからトラックが追突した事故。

警察が進路妨害をした車を運転していた男について捜査を進めており、10月10日に福岡県中間市扇ケ浦在住の建設作業員・石橋和歩(いしばしかずほ)容疑者(25)が過失運転致死傷の疑いで逮捕され、現在、警察署にて取り調べを受けています。

石橋和歩容疑者が運転していた白色の乗用車は事故現場付近の中井PA(パーキングエリア)で萩山嘉久さんにタバコを吸っていたことを注意されトラブルになった後、猛スピードで追跡し東名高速の追い越し車線上で進路を塞ぎ停車させた疑いが持たれています。

その際、石橋和歩容疑者が運転していた車の助手席には22歳の女性が同乗していたことが新たに分かり、この女性が交際関係にあった彼女とみられることが判明。

また、警察のその後の調べによるとこの女性は事故が起きる直前、石橋和歩容疑者が車を降りて萩山嘉久さんを車から引きずり下ろそうとしたり暴行しようとしていたのを止めようとしていたという。

警察は彼女とみられる同乗者の制止を振り切ってまで車を降りていき、注意された男性に暴行を加えた理由について詳しく調べています。

パーキングエリアで注意され「むかついた」と供述

警察の調べに対し、石橋和歩容疑者はパーキングエリアの車が通る部分に車を止めてタバコを吸っていたことを萩山嘉久さんに注意を受けており、そのことから「むかついたので高速道路上で車を止めた」などと供述しているということです。

また、パーキングエリアから萩山嘉久さんの車を執拗に追いかけた理由について、「やっぱり言われたらカチンとくるけん」などと話した上で「(自身は)煽られて止まった」などと話していた。

しかし、神奈川県警が事故が起きた当時、東名高速を走行していた車のドライブレコーダー映像などを解析した結果、そのような事実はなく石橋和歩容疑者が運転する白色の車が執拗に追跡した後、追い越し車線上に停車させたことが分かっています。

東名高速夫婦死亡事故、車を運転していたカップルに非難の声「彼女は何してたんだ?」

東名高速の夫婦死亡事故については「石橋和歩容疑者を逮捕 東名高速の夫婦死亡事故 追い越し車線で進路を塞ぎ停車させた容疑」でも掲載しています。

石橋和歩容疑者 同乗者(彼女)の制止を振り切り暴行に及んだ疑い 執拗に追跡した理由とは

2 件のコメント