西武新宿線井荻駅で人身事故 制服姿の男子高校生が駅のホームから飛び込み死亡 自殺とみて調べ

西武新宿線井荻駅で人身事故 制服姿の男子高校生が駅のホームから飛び込み死亡 自殺とみて調べ

東京都杉並区下井草の西武新宿線・井荻駅で10月10日午前7時55分頃、若い男性が10両編成の急行電車にはねられ死亡する人身事故がありました。

死亡した男性は都内の高校に通う17歳の男子高校生とみられ、自ら線路に飛び込み自殺を図った可能性が高い。飛び込んだ当時、制服姿で学生証を持っており、通っていた高校への通学途中だったとみられています。

男子高校生が駅のホームから線路に飛び込み自殺を図ったとみられるこの人身事故は10日午前8時前、杉並区下井草の西武新宿線・井荻駅のホームから17歳の男子高校生が線路に飛び込んだもので、搬送先の病院で死亡が確認された事故。

男子高校生と衝突したのは西武新宿発田無行き急行電車(10両編成)で、ツイッターに投稿された事故直後の該当車両の写真では運転席のガラスが粉々に割れ、中央辺りが割れ落ちているのが確認出来ます。

死亡した17歳の男子高校生は駅のホームから飛び降りたとみられており、当時、制服姿で所持品の中に通っている高校の学生証があったことから、都内の私立高校に通う2年の男子生徒の可能性が高いということです。

警察がこの人身事故の原因などについて調べていますが、駅のホームから飛び込む姿を目撃していた人が複数いることから、自殺を図ったとの見方が強い。学校でのイジメや家庭内でのトラブルについては分かっておらず、調べを進める方針だという。

この事故の影響で西武新宿線は西武新宿駅~本川越駅間、西武拝島線の小平駅~拝島駅間で約1時間にわたって運転を見合わせるなど、約8万3000人に影響がありました。

西武新宿線井荻駅で人身事故、制服姿の男子高校生が駅のホームから飛び込み死亡…Twitterの声

西武新宿線井荻駅で人身事故 制服姿の男子高校生が駅のホームから飛び込み死亡 自殺とみて調べ

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。