西武新宿線 東村山市の沿線で足場が倒れる事故 東村山~所沢駅間で運転見合わせ続く

西武新宿線 東村山市の沿線で足場が倒れる事故 東村山~所沢駅間で運転見合わせ続く

西武新宿線の東京都東村山市・東村山駅と埼玉県所沢市・所沢駅の間の沿線で10月10日午後1時過ぎ、線路脇の工事現場(解体現場)の足場が線路に倒れる事故があり、午後1時25分頃から上下線で運転を見合わせています。電車の運転士や乗客にケガはなく、事故現場の沿線では倒れた足場の撤去作業が進められていますが、運転再開の見通しは立っていません。

その後、影響が大きくなり西武新宿線の田無駅~本川越駅の間の上下線、拝島線、国分寺線、西武園線、多摩湖線の全線で運転を見合わせていましたが、午後4時28分頃から運転を再開しました。

沿線沿いの工事現場で足場が倒れたこの事故は10日午後、東村山市の西武新宿線・東村山駅~所沢駅の間の沿線で線路脇で住宅(アパート)の解体をしていた工事現場で組まれていた足場が線路側に倒れ込み、架線にもたれかかったものです。

事故現場は東村山市の西武新宿線の線路沿いでは当時、2階建てのアパートの解体作業が行なわれており、何らかの理由で足場が線路側に倒れたとみられています。

この事故で西武新宿線の田無駅~本川越駅間の上下線で運転を見合わせているほか、拝島線、国分寺線、西武園線、多摩湖線の全線で運転を見合わせるなど影響が拡大しています。

事故現場では現在、電気の送電を止めて撤去作業が行なわれているということですが、運転再開の見通しは立っていません。

また、幸いにも電車は通過しておらず、電車に当たることはなくケガ人は確認されていません。

ツイッターには工事現場から倒れてきた足場が架線にもたれかかっている様子を撮影した写真が投稿されており、周辺には撤去作業を行なう作業員の方の姿が確認出来ます。

西武新宿線・東村山市の沿線で工事現場の足場が倒れる事故発生…Twitterの声

西武新宿線 東村山市の沿線で足場が倒れる事故 東村山~所沢駅間で運転見合わせ続く

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。