石橋和歩容疑者を逮捕 東名高速の夫婦死亡事故 追い越し車線で進路を塞ぎ停車させた容疑

石橋和歩容疑者を逮捕 東名高速の夫婦死亡事故 追い越し車線で進路を塞ぎ停車させた容疑

今年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で静岡県清水区在住の萩山嘉久さん(当時45)と妻の萩山友香さん(当時39)夫婦と娘2人が乗るワゴン車を追い越し車線上に停車させ、後続のトラックが追突し夫婦が死亡した事故で、進路を塞いだ車を運転していた福岡県中間市在住の建設作業員・石橋和歩(いしばしかずほ)容疑者(25)が過失運転致死傷の疑いで逮捕されました。

石橋和歩容疑者は萩山嘉久さん一家が乗るワゴン車の進路を自分が運転していた車の進路を塞ぎ、東名高速の本線・追い越し車線上に停車させトラックとの追突事故を引き起こした疑いが持たれており、同乗していた高校1年と小学6年の姉妹もケガを負うなどしています。

この事件(事故)の続報は「石橋和歩容疑者 同乗者(彼女)の制止を振り切り暴行に及んだ疑い 執拗に追跡した理由とは」にて掲載しています。

神奈川県大井町の東名高速道路で起きたこの死亡事故は今年6月5日午後9時35分頃、石橋和歩容疑者が運転する車が萩山嘉久さん夫婦と娘2人の一家4人が乗った車をパーキングエリアから執拗に追跡した後、進路を塞いで追い越し車線上に無理矢理停車させた疑いがもたれているもの。

石橋和歩容疑者と萩山嘉久さん夫婦は事故現場から約1キロ手前の中井パーキングエリアでトラブル(容疑者が走路で車を止めてタバコを吸っていたのを注意され逆上)になっており、男が運転する白色の乗用車がPAから約1キロにわたって夫婦が乗るワゴン車を煽った後、ワゴン車の前に割り込んで進路を塞ぎ停車させたとみられている。

また、石橋和歩容疑者は夫婦が乗るワゴン車を本線の追い越し車線に停車させた後、車を降りて萩山嘉久さんの胸ぐらを掴むなど暴行を加えた疑いも持たれており、その際、ワゴン車の停車を表すハザードランプは付いておらず、後続のトラックが追突したという。

トラックの運転手は「ハザードもついておらず、急ブレーキを踏んでも間に合わなかった」と話しており、そのままワゴン車に追突。車を運転していた萩山嘉久さんと妻の萩山友香さんが死亡したほか、同乗していた高校1年と小学6年の姉妹がケガを負いました。

高校生の長女やトラック運転手の話などから、石橋和歩容疑者が運転する白の乗用車がパーキングエリアから追跡してきた後、ワゴン車の前に割り込んで進路を塞いで停車さえた可能性が浮上しており、警察が自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで慎重に捜査を進めていました。

過失運転致死傷で立件される可能性

10日に逮捕された石橋和歩容疑者は重大な事故が起きる恐れがある中、故意に車を停車させた疑いが持たれており、過失運転致死傷罪で立件される可能性が高いという。過失運転致死傷は7年以下の懲役もしくは禁錮、100万円以下の罰金。

東名高速の夫婦死亡事故で石橋和歩容疑者を逮捕、追跡した後に進路を塞いで停車させた疑い「殺人じゃないの?」といった声も…

この事件(事故)の続報は「石橋和歩容疑者 同乗者(彼女)の制止を振り切り暴行に及んだ疑い 執拗に追跡した理由とは」にて掲載しています。

石橋和歩容疑者を逮捕 東名高速の夫婦死亡事故 追い越し車線で進路を塞ぎ停車させた容疑