宮城県「千年希望の丘」二野倉公園で死体遺棄事件 複数骨折の女性遺体見つかる

宮城県「千年希望の丘」二野倉公園で死体遺棄事件 複数骨折の女性遺体見つかる

東日本大震災の犠牲者を慰霊する宮城県岩沼市押分にある震災慰霊公園「千年希望の丘」敷地内の二野倉公園で10月8日午前6時頃、二野倉公園南側の空き地で女性の遺体が仰向けに倒れているのを発見・通報した死体遺棄事件がありました。

女性遺体は右足が粉砕骨折していたほか、肋骨の複数箇所が骨折していたことから宮城県警は死体遺棄事件と断定。岩沼警察署に捜査本部を設置し捜査を進めている。

複数箇所を骨折した女性遺体が見つかった「千年希望の丘」は南北約10キロに及ぶ震災祈念公園。高さ約10メートルで東日本大震災の瓦礫を使用して造成されており、慰霊のほか、津波発生時の避難場所や震災伝承の場として整備された場所です。

この事件の続報は「【千年希望の丘死体遺棄】高松瑞絵さん遺体発見事件で56歳の知人男性から事情聴取 事件に関与の疑い」にて記載しています。

宮城県岩沼市押分の「千年希望の丘」敷地内にある二野倉公園の南側で成人女性の遺体が見つかった、この死体遺棄事件は10月8日早朝、犬を連れて散歩をしていた男性が公園南側の空き地で仰向けに倒れた女性遺体を発見し「人が横たわっている」と警察に通報したことで発覚した事件。

警察官が事件現場となった千年希望の丘に駆け付けて女性を調べたところ既に死亡しており、遺体から数メートル離れた場所にはサンダルや布製のトートバッグがあり、バッグの中からハンドバッグや千円が入った財布などが見つかっており、免許証も入っていたという。

見つかった免許証の名義から遺体は宮城県内に住む女性とみられており、これまでに連絡が取れていないことから遺体の身元はこの女性の可能性が高い。警察が女性の遺体を収容して司法解剖を行なったところ、右足や恥骨、大腿骨が砕けて(粉砕骨折)いたほか、肋骨の複数箇所が骨折していたほか、肺挫傷のケガを負っていたことが判明。

死因は多発性外傷で死後1週間程度が経過しており、遺体の女性は年齢40~60代とみられ、長袖のワンピース姿で身長165センチ、肩までの長髪だったという。発見当時、かなり腐敗が進んでおりこれまでに遺体の身元は明らかとなっていません。

東日本大震災メモリアルパーク「千年希望の丘」二野倉公園南側の空き地で見つかった女性の死因「多発性外傷」について、高い場所から落ちたり車で轢かれて死亡した可能性が考えられ、

車で轢かれた後、公園内に遺棄されたとみられ、殺人事件やひき逃げ事件の可能性も視野に捜査が進められています。今後、DNA型鑑定などを行ない、女性の身元確認を進める方針。

何者かが女性を死なせた(殺害した)後、公園内に遺体を遺棄して逃走した可能性が高いとみられている。

事件現場の千年希望の丘とは、南北約10キロに及ぶ震災祈念公園で、震災瓦礫を活用して津波避難場所となる高さ約10メートルの丘を15基造成している場所。

遺体が見つかった二野倉公園の敷地周辺などに街灯は少なく、震災前の建物などは津波で流出したことから、日中でも人通りは少ない場所です。

(複数骨折の女性遺体が見つかった「千年希望の丘」二野倉公園の周辺地図:宮城県岩沼市押分須加原)

宮城県岩沼市「千年希望の丘」二野倉公園で死体遺棄事件、複数箇所を骨折した女性遺体を発見…Twitterの声

この事件の続報は「【千年希望の丘死体遺棄】高松瑞絵さん遺体発見事件で56歳の知人男性から事情聴取 事件に関与の疑い」にて記載しています。

宮城県「千年希望の丘」二野倉公園で死体遺棄事件 複数骨折の女性遺体見つかる

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。