【出雲駅伝】岐阜経済大学 武隈泰貴選手がゴール直前で倒れ痙攣 動画に心配の声が相次ぐ

【出雲駅伝】岐阜経済大学 武隈泰貴選手がゴール直前で倒れ痙攣 動画に心配の声が相次ぐ

10月9日に開催された第29回 出雲全日本大学選抜駅伝出雲駅伝)で、初出場の岐阜経済大学の3年生・武隈泰貴選手が2区とのゴール直前で倒れ、1区での棄権となりました。武隈泰貴選手が走路に倒れ込み、立ち上がって前へ進もうとしますが脱水症状で痙攣するなどして動けず、その様子を撮影した動画を見た人から「早く助けてあげて欲しい」と心配する声が相次ぎました。

出雲駅伝の1区で岐阜経済大学の武隈泰貴選手が倒れ込んだこの騒動は9日午後、1区を20番手で走っていた武隈泰貴選手が2区との中継所を目前にして倒れ込み、痙攣するなど前へ進めなくなってしまったもの。結果、岐阜経済大学は1区で棄権することとなりました。

2区へと襷(たすき)を繋ぐため、執念で前へと進もうとしますが全身に力が入らず動けなくなってしまい、救助されました。

外部から手を触れると棄権となってしまうため、救助が遅れたということですが、出雲駅伝が開催されたこの日、季節外れの暑さで脱水症状となった可能性が高いとみられています。

出雲駅伝の結果は、東海大学が2時間11分57秒で2007年以来10年ぶり4度目の優勝を果たしています。

出雲駅伝・初出場の岐阜経済大学1区で武隈泰貴選手が倒れ込んだ動画

物議を醸した武隈泰貴選手が走路に倒れ込んでしまった動画はツイッターやYouTubeに投稿されており、動画に対しては「岐阜経済大学の武隈くんは大丈夫だろうか…」「武隈泰貴選手が心配、早く助けてあげて」「救助するのが遅いよ…」といった声が相次いで投稿されています。

(ツイッターに投稿された動画)

(YouTubeに投稿された動画)

「出雲駅伝」初出場の岐阜経済大学、武隈泰貴選手がゴール直前で倒れ痙攣、心配の声が相次ぐ

岐阜経済大学の選手が倒れ棄権した様子をテレビ中継などで見ていた人も多く、ツイッターでは「選手の命が心配」「早く助けるべき」と、熱中症で脱水症状となったと思われる選手を心配する声が上がる一方で、
「なんとか襷を繋ごうと前へ進んでいた、選手の気持ちを考えて欲しい」と、選手の気持ちを尊重する意見などが出ています。

PR
【出雲駅伝】岐阜経済大学 武隈泰貴選手がゴール直前で倒れ痙攣 動画に心配の声が相次ぐ

1 個のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。