茨城県大子町で暴行死事件 知的障害者施設入所の男が須藤賢次郎さん宅に侵入して暴行した容疑で逮捕

茨城県大子町で暴行死事件 知的障害者施設入所の男が須藤賢次郎さん宅に侵入して暴行した容疑で逮捕

茨城県大子町の住宅で10月6日午後、知的障害者施設に入所する43歳の男(氏名非公表)が須藤賢次郎さん(88)と83歳の妻の高齢夫婦が住んでいた家に侵入した上、2人殴って死なせる傷害致死事件があり、7日午後になり夫の須藤賢次郎さんが死亡しました。警察は傷害容疑で逮捕した43歳の男の容疑を傷害致死に切り替え捜査を進める方針です。

これまでに須藤賢次郎さん宅に侵入して暴行を加えた男と夫婦の間に面識があったのかは不明で、逮捕された男には軽度の知的障害があったとみられています。

高齢夫婦が暮らしていた住宅に知的障害がある男が家の中に侵入し暴行を加えたこの事件は6日午後1時すぎ、茨城県大子町上金沢の須藤賢次郎さん宅に知的障害者施設に入所していた43歳の男が侵入して夫の男性と83歳の妻に暴行を加えた疑いが持たれている事件。

6日午後4時前に逮捕された男が「人が倒れている」と自ら警察に通報したことで事件が発覚。駆け付けた警察官が家の中で須藤賢次郎さんと妻が倒れているのを発見し、現場にいた43歳の男に事情を聞いたところ「2人を殴った」などと認めたため、傷害容疑で逮捕しました。

事件現場となった住宅に住んでいた須藤賢次郎さんと妻は病院へ搬送されましたが、脳出血や鼻の骨を折るなど重傷を負っており、夫の男性が翌7日午後2時過ぎに死亡が確認され、妻も意識不明の重体となっています。

逮捕された43歳の男は栃木県大田原市の知的障害者施設に入所しており、軽度の知的障害があったとみられている。事件現場の住宅と施設は約12キロ離れており、警察が高齢夫婦の家を狙って襲った理由などについて調べています。

また、これまでに逮捕された男と死亡した男性、妻との関係は不明で面識があったのかも明らかとなっていません。

警察は傷害容疑で逮捕した男の容疑を傷害致死に切り替えて捜査を進めており、今後、責任能力の有無や、被害者との関係などを調べる方針を固めている。

茨城県大子町で暴行死事件 知的障害者施設入所の男が須藤賢次郎さん宅に侵入して暴行した容疑で逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。