愛媛県大洲市で車椅子の女性がスズメバチ100匹に50分間刺され続けて死亡

愛媛県大洲市で車椅子の女性がスズメバチ100匹に50分間刺され続けて死亡

愛媛県大洲市長浜町穂積で9月11日夕方、電動車椅子に乗った菊地チヱ子さん(87)が約100匹のスズメバチに50分間襲われ続け、全身の約150カ所を刺されるなどして搬送先の病院で翌日に死亡する事故が起きていたことが明らかとなりました。死亡した女性は市内の福祉施設で通所サービスを受けた帰りで、付き添いの職員もスズメバチに襲われました。

大量のハチに刺されたと消防に通報があり駆け付けた救急隊も防護服がなかったため救助出来ず、レスキュー隊員の出動を要請した後、ハチが少なくなったところで救助したということです。

車椅子に乗った高齢女性がスズメバチに襲われたこの死亡事故は9月11日午後4時頃、大洲市内の福祉施設から帰る途中だった長浜町穂積在住の菊地チヱ子さんが自宅近くの小道で同行していた施設職員の男性と共にスズメバチに襲われたもので、付き添いの男性職員も軽傷を負いました。

当初、付き添っていた男性職員がスズメバチに襲われたため、菊地チヱ子さんを約1メートル移動させたところでスズメバチの群れに襲われ、一人では助けられないと判断して施設に連絡。

その間、スズメバチが動けない女性に群がり、全身を刺されたとみられている。その間、消防に「高齢女性と職員がハチに刺された」と通報があり、約15分後に救急隊が駆け付けましたが、ハチから身を守る防護服を持ち合わせていなかったことから救助が難航。

レスキュー隊に救助要請を出した後、施設職員や救急隊員が女性に雨具をかぶせようと試みたりスズメバチを追い払って女性を救助しようとしましたが、約50分後に女性に群がっていたハチが少なくなったため、救急隊員が女性を救助して市内の病院に搬送しましたが、翌日に多臓器不全で死亡したということです。

死亡した菊地チヱ子さんと施設の男性職員がスズメバチに襲われた現場付近の空き家の軒下にスズメバチの巣があったということです。ハチの群れに襲われた女性は電動車椅子に乗っており、動けない状態で約100匹のスズメバチに全身の約150カ所を刺されたとみられています。

87歳の女性がスズメバチに襲われた事故現場は?

女性がスズメバチに襲われたのは愛媛県大洲市の山間部で、自宅近くの小道で襲われたとみられています。近くには空き家があり、この空き家の軒下にハチの巣があったということです。

(愛媛県大洲市長浜町穂積周辺の地図)

愛媛県大洲市長浜町で車椅子の女性がスズメバチに刺され続け死亡…Twitterの声

愛媛県大洲市で車椅子の女性がスズメバチ100匹に50分間刺され続けて死亡

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。