日立市田尻町の県営アパートで殺人事件 小松博文容疑者を殺人容疑で逮捕 焼け跡から母子6人の遺体発見

日立市田尻町の県営アパートで殺人事件 父親の小松博文容疑者を殺人容疑で逮捕 焼け跡から母子6人の遺体発見

10月6日朝、茨城県日立市田尻町2丁目の県営住宅(県営アパート)の一室が燃やされる放火・殺人事件があり、警察に出頭した自称会社員の父親・小松博文(こまつひろふみ)容疑者(32)が殺人容疑で緊急逮捕されました。

警察官が事件現場のアパートに駆け付けたところ、アパートの一室で火事・火災が起きており、焼け跡から男の妻と3歳から11歳の子供4人が遺体で見つかり1人が搬送先の病院で死亡しました。刺し傷があったことから父親が刃物で刺し殺した後に火をつけたとみられています。

6日午前に殺人容疑で逮捕された小松博文容疑者は県営アパートの自宅に火をつけた後「自宅に火をつけた」と警察署に出頭しており、この男が自分の家族を殺害した疑いで捜査が進められていましたが、母子6人のうち11歳の長女を殺害した疑いで逮捕された。

32歳の父親が自宅の部屋に火をつけ、妻と子供を殺害した疑いが持たれているこの放火・殺人事件は6日午前5時過ぎ、日立市田尻町2丁目の3階建て県営アパート「県営上田沢アパート」1階の部屋で父親の小松博文容疑者が母子6人を殺害した可能性が高い事件。

小松博文容疑者は犯行後、自ら日立警察署に出頭し「自宅に火をつけた」と供述したことで事件が発覚。警察官が事件現場となった県営アパートに駆け付けたところ、1階の部屋から火が出ており消防が消火活動にあたり、午前6時前に鎮火。消防車や救急車など約10台が出動しました。

火元は県営アパート1階の部屋で台所付近が燃えており、焼け跡から33歳の妻、11歳の長女、7歳の長男、5歳の次男、双子の三男と四男(3歳)のうち、妻と子供4人の遺体が見つかり、さらに子供1人が救急搬送されましたが、死亡が確認されました。いずれも刃物で刺されたような刺し傷があり、遺体は血まみれだったという。

この事件で母子6人が死亡し、いずれ警察に出頭した父親・小松博文容疑者の妻と子供とみられており、警察が身元確認を進めています。

また、父親が出頭した当時、「部屋の中に妻と5人の子供いた」と話していることからも、遺体で見つかった母子はこの男の家族の可能性が高いとみられている。

警察は殺人事件の可能性が高いとみて捜査を進めていましたが、6日午前までに母子6人のうち11歳の長女を殺害したとして父親の小松博文容疑者を殺人の疑いで逮捕。ほかの5人の殺害にも関与したとみて、詳しく調べているということです。

母子6人の遺体に刺し傷があったことから、小松博文容疑者が妻と子供を刃物で殺害した後、部屋に火をつけた可能性が高いとみられていますが、これまでに動機などについては明らかになっておらず、警察が追及しています。

事件現場の県警アパートの場所は?

小松博文容疑者が部屋に火をつけた県営アパート(県営住宅)の場所は常磐自動車道の東側、JR日立駅から北に約3キロ離れた「県営上田沢アパート」(茨城県日立市田尻町2丁目)とみられており、周辺には同じ作りの建物が建ち並んでいます。 

(小松博文容疑者が火をつけた県営上田沢アパート7棟の周辺地図:日立市田尻町2丁目45−7)

「夫婦喧嘩の声が聞こえた」近所の人は

小松博文容疑者と妻、5人の子供が住んでいた県営アパートについて近所の人は、「夫婦げんかの声が聞こえることがあった」などと話しており、日頃から言い争いがあった可能性が考えられる。

また、別の人は父親の男について「足に入れ墨が入ってプラプラしているような男に見えた」と話していました。

日立市田尻町の県営アパートで殺人事件 父親の小松博文容疑者を殺人容疑で逮捕 焼け跡から母子6人の遺体発見