神奈川県大磯町で大麻草栽培容疑 同級生の男3人を逮捕 販売も視野に栽培の疑い

神奈川県大磯町で大麻草栽培容疑 同級生の男3人を逮捕 販売も視野に栽培の疑い

神奈川県大磯町や中井町の山林で大麻草を栽培していた疑いでいずれも大磯町に住む35歳から36歳の男が逮捕される薬物事件がありました。大麻取締法の疑いで逮捕されたのは宮司良臣(みやじよしおみ)容疑者(36)、二宮寛憲(にのみやひろのり)容疑者(35)、岡本峻介(おかもとしゅんすけ)容疑者(35)の3人で、地元の小学校から中学校で同級生でした。

警察に通報があり山林を捜査していたところ、3人が大麻草を採りに来たことで事件が発覚。逮捕へ至ったということです。

山林で大麻草を栽培した疑いで地元に住む男3人が逮捕されたこの事件は、今年3月頃から神奈川県大磯町や中井町の山林で大麻草22株を栽培していた疑いで、宮司良臣容疑者、二宮寛憲容疑者、岡本峻介容疑者の3人が逮捕された事件です。

男らはいずれも大磯町に住み、小学校から中学校で同級生だったという。山林に山菜採りに訪れた人が大が生えているのに気付き、「大麻草のようなものが植えられている」と警察に連絡があったことで事件が発覚。

情報提供を元に警察が捜査を進めていたところ、容疑者の男らが大麻草を取りにきたことで関与が浮上したということです。種は売人から買った大麻草に入っていたと話しており、山林で大麻を栽培していた理由について、自ら使用することに加え、販売していた疑いも持たれています。

警察は宮司良臣容疑者、二宮寛憲容疑者、岡本峻介容疑者らが山林で栽培した大麻の販売先などについてさらに詳しく調べる方針を固めています。

神奈川県大磯町と中井町の山林で大麻草栽培容疑、同級生の男3人を逮捕…Twitterの声

神奈川県大磯町で大麻草栽培容疑 同級生の男3人を逮捕 販売も視野に栽培の疑い

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。