女子中学生をコンパニオン派遣容疑 ノースバンケット・プロデュース役員の女を逮捕

女子中学生をコンパニオン派遣容疑 ノースバンケット・プロデュース役員の女を逮捕

当時13歳から14歳の女子中学生8人を宴会コンパニオンとして北海道札幌市内のホテルなどに十数回派遣して働かせた容疑で、札幌市中央区南1条東7丁目のコンパニオン派遣会社「ノースバンケット・プロデュース」の役員・斎藤美紀容疑者(42)が逮捕される事件がありました。警察の調べに対して「高校生だと思っていた」などと供述しています。

宴会に派遣されていたのが女子中学生ということもあり、世間でも注目を集めたニュースで「派遣会社に登録してた中学生に罪はないの?」「年齢確認してなかったのか」「高校生だと思ってたってアウトでしょ」といった声が寄せられています。

数人の女子中学生をコンパニオンとして派遣していた疑いで派遣会社役員の女が逮捕されたこの事件は今年1月~8月、札幌市中央区のコンパニオン派遣会社「ノースバンケット・プロデュース」の役員・斎藤美紀容疑者が当時13歳から14歳の女子中学生8人をコンパニオンとして24回、派遣していたことが明らかとなったもの。

10月4日に児童福祉法違反の疑いで逮捕された斎藤美紀容疑者はノースバンケット・プロデュースの取締役としてコンパニオンの採用や派遣を担当していたということで、被害に遭った女性中学生らの履歴書や身分証を確認することなく採用していたという。

警察の調べに対しては「子供達を働かせたことは間違いない」「(採用時は)高校生だと思っていた」と、女子生徒らを宴会にコンパニオンとして派遣していたことは認めている。

また、女子中学生らに対しては年齢を聞かれた場合、20歳と答えるように指示しており、2時間で5500円前後の金銭を支払っていた模様。さらに、女子高生も同様の手口で派遣していたことが分かっており、高校生には紹介料を支払って後輩の中学生を紹介させていたということです。

事件発覚の経緯については、女子中学生の親が札幌西警察署に相談したことで違法派遣が発覚。警察が捜査を進めていました。

これまでの警察の捜査で、派遣会社からは酒の注ぎ方や作り方を書面化した「接客マニュアル」が押収されたほか、派遣時に着させていたとみられる衣装なども押収されています。

札幌市で女子中学生をコンパニオンとして宴会に派遣容疑「ノースバンケット・プロデュース」役員の女を逮捕…Twitterの声

女子中学生をコンパニオン派遣容疑 ノースバンケット・プロデュース役員の女を逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。