ビ・ブライト暴行虐待事件 栃木県警OBの男ら3人を証拠隠滅容疑で逮捕

ビ・ブライト暴行虐待事件 栃木県警OBの男ら3人を証拠隠滅容疑で逮捕

栃木県宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で今年4月、入所者の28歳の男性が重傷を負い、一時意識不明の重体となった傷害・虐待事件で松本亜希子・佐藤大希 両被告が逮捕・起訴されていますが、新たに「瑞宝会」関係者で当時の施設長・斎藤健輔容疑者、栃木県警OBの手塚通容疑者、斎藤博之容疑者の3人が新たに逮捕された。暴行の証拠を隠滅した疑いがもたれています。

県警OBの手塚通容疑者、斎藤博之容疑者は社会福祉法人「瑞宝会」のCSR(企業の社会的責任)部門で働いており、当時、事件の内部調査を担当していたということです。

宇都宮市の知的障害支援施設で入所者の男性が暴行を受けたことが明らかとなり、職員ら2人が逮捕されているこの事件。新たに「ビ・ブライト」の当時の施設長の男や県警OBが証拠隠滅の疑いで逮捕されたものです。

逮捕されたのは知的障害者支援施設「ビ・ブライト」を運営する社会福祉法人「瑞宝会」職員で当時の施設長・斎藤健輔(さいとうけんすけ)容疑者(56)=宇都宮市南大通り2丁目=、県警OBで法人職員・手塚通(てづかとおる)容疑者(69)=宇都宮市陽南2丁目=、斎藤博之(さいとうひろゆき)容疑者(58)=大田原市末広3丁目=の3人。

当時の施設長と法人幹部の男ら3人は共謀し、4月18日、施設内で起きた傷害事件の証拠となる調査書面を破棄・事件の証拠を隠滅した疑いが持たれています。

この事件では入所者の男性が関係者から暴行・虐待を受けた可能性が高いとみて警察が立ち入り調査などを行なっていましたが、施設内に設置された5台の防犯カメラ映像の事件前後3週間分が削除されており、事件を捜査する県警は何者かが故意に削除したとみて詳しく調べていました。

当時、ビ・ブライトで働いていた事件に関与していない別の職員が既に逮捕・起訴されている施設職員の松本亜希子被告と職員補助をしていた佐藤大希被告の2人が被害者の男性に暴行しているのを目撃しており、書面で施設長に報告していたが、口止めされたということです。

その後の捜査で当時の施設長と逮捕された県警OBの男ら3人がこの内部文書などを処分して証拠を隠滅した疑いで逮捕。警察は3人の認否について、捜査に支障があるとして明らかにしていません。

ビ・ブライト暴行虐待事件 栃木県警OBの男ら3人を証拠隠滅容疑で逮捕