北九州市小倉南区の女性切断遺体・死体遺棄事件 殺害後に切断?殺人事件の可能性も

北九州市小倉南区の女性切断遺体・死体遺棄事件 殺害後に切断?殺人事件の可能性も

北九州市小倉南区上吉田4丁目の吉田川の川底から頭蓋骨が見つかり、周辺で刃物で切断された人間の骨が相次いで見つかった死体遺棄事件で、司法解剖の結果、骨で見つかった遺体の性別が女性で年齢30歳~50歳代だと明らかになりました。頭蓋骨とほぼ全身の骨が見つかっており、殺害後に切断され吉田川の下流に遺棄された殺人事件の可能性も考えられる。

警察の司法解剖で女性の死因は明らかにならず、遺体に目立った外傷はなかったという。頭蓋骨以外で両腕がヒジから先が切断された状態だったということです。

川底から女性の頭蓋骨と切断遺体見つかる死体遺棄事件、捜査本部を設置し捜査中

川底から女性の頭蓋骨と切断された白骨化遺体が見つかったこの死体遺棄事件は、北九州市小倉南区上吉田4丁目の吉田川に架かる「猪ノ口橋」から約10メートル下流の川底から女性の頭蓋骨が見つかり、さらにその周辺で切断された白骨化遺体が発見された事件。

遺体(人骨)を合わせるとほぼ全身の骨が揃った状態で、両腕のヒジから先が刃物で切断されたことが明らかとなり、警察が死体遺棄事件と断定。小倉南署に捜査本部を設置し約60人態勢で捜査を進めています。

その後、収容した遺体を司法解剖したところ、遺体は女性で年齢30~50歳前後で頭髪は茶髪。死後数ヶ月から数年が経過していることが判明。

死因については明らかになっていませんが、目立った外傷はなかったという。身元は明らかになっておらず、警察が遺体で見つかった女性について詳しく調べています。

殺人事件の可能性は?

北九州市小倉南区の吉田川から女性切断遺体が見つかったこの事件。これまでに女性が殺害された可能性については言及されておらず、死体遺棄事件として捜査が進められています。

女性遺体の頭蓋骨が川底から見つかったほか、刃物で切断された白骨化した遺体が見つかったことから、犯人とみられる人物が女性の遺体を切断後に吉田川に遺棄したとみられていますが、死亡していた女性遺体を切断したのか、殺害後に切断したのかは不明。

死因についても遺体が白骨化していたことなどから分かっておらず、さらに詳しいことは今後の捜査の進展を待つ形となります。警察は捜査本部を設置し60人態勢で捜査している。

切断された白骨化遺体が見つかった場所は?

女性遺体(白骨化遺体)が見つかった現場はJR日豊線・下曽根駅から北に約3キロ離れた住宅や田畑が点在する地域の一角で、頭蓋骨と全身の骨が見つかった吉田川は幅約4メートル、深さ約15センチで周辺には草が多い茂っていて周辺からは見えにくい場所です。

(白骨化した女性の頭蓋骨が見つかった吉田川に架かる猪ノ口橋周辺の地図:福岡県北九州市小倉南区上吉田4丁目)
北九州市小倉南区の女性切断遺体・死体遺棄事件 殺害後に切断?殺人事件の可能性も