野球道具大量窃盗事件で大崎晋太朗容疑者と少年を逮捕 盗んだバットやボールを販売で関与が浮上

野球道具大量窃盗事件で大崎晋太朗容疑者と少年を逮捕 盗んだバットやボールを販売で関与が浮上

埼玉県久喜市の県立鷲宮高校の野球部の部室から備品のボールやバットが大量に盗まれた窃盗事件で、水戸市在住の無職・大崎晋太朗(おおさきしんたろう)容疑者(20)と、事件当時19歳だった土木作業員の少年(氏名非公表)の2人が逮捕されました。今年の夏、関東地方の高校の野球部では野球道具が大量窃盗される被害が出ていました。

高校の野球部からバットやボールが大量に盗まれたこの事件では、大崎晋太朗容疑者と当時19歳の少年が共謀して埼玉県久喜市にある県立鷲宮高校の野球部の部室に侵入してボール120個とバット12本を盗んだ疑いが持たれています。

2人の逮捕容疑は7月28日夜から29日早朝にかけ、県立鷲宮高校野球部の倉庫に侵入した上で金属バット12本と新品のボール120個(総額22万4千円)を盗んだ窃盗と建造物侵入容疑です。

盗品のバットを売った疑いで9月10日に逮捕されたとび職の19歳の少年を含めた3人は同じ中学校の野球部に所属しており、盗まれた金属バット合わせて37本が茨城県内のリサイクルショップに売られていたことから2人の犯行への関与が浮上。窃盗事件として捜査が進められていました。

今回の事件を含め、埼玉、栃木、茨城、群馬、神奈川、福島の6県では今年7月上旬から8月中旬にかけ、20の高校の野球部からは約9300個のボールやバット31本(総額約284万円)が盗まれる窃盗事件が相次いでおり、逮捕された3人が関与しているとみられ、警察が関連について詳しく調べています。

野球道具大量窃盗事件で大崎晋太朗容疑者と少年を逮捕…Twitterの声

野球道具大量窃盗事件で大崎晋太朗容疑者と少年を逮捕 盗んだバットやボールを販売で関与が浮上