長野県阿智村で高齢夫婦が行方不明に キノコ採りで山林に入り遭難?100人態勢で捜索続く

長野県阿智村で高齢夫婦が行方不明に キノコ採りで山林に入り遭難?100人態勢で捜索続く

長野県南部の阿智村春日の山林で9月28日頃からキノコ採りに出掛けたとみられる80代の高齢夫婦が行方不明になっていることが分かり、10月1日早朝から警察・消防合同の100人態勢で山林に入り捜索活動が行なわれています。山林では2人が乗ってきたとみられる軽自動車が止まっており、山に入ったまま遭難した可能性が高いとみられています。

(10月1日午後11時頃に追記)

山林に入った高齢夫婦が行方不明になっているこの事案は9月28日午後、長野県阿智村に住む85歳の夫と82歳の妻の夫婦と連絡が取れなくなっているもので、28日午後には自宅に止まっていた軽自動車がなくなっていたことから、この日の午後にキノコ採りに出掛けたとみられている。

2人と離れて暮らす家族が連絡が取れないことを心配して家を訪ねたところ車がなく、普段、キノコ採りに入る山林の入り口に2人が乗ってきたとみられる軽自動車を発見。30日午後9時頃、警察に通報して夫婦が行方不明になっていることが発覚。

行方不明となっている夫婦は携帯電話を持っておらず、2人で山林に入った後、遭難した可能性が高いとみられており、警察と消防などは10月1日朝7時からおよそ100人態勢で山に入り、2人の行方を捜しています。

1日午後2時すぎ、沢の中で心肺停止状態の男性が見つかりその後、死亡が確認されました。身元は行方不明となっていた85歳の夫・芦澤好恒さんと判明しました。

警察と消防は2日朝からも行方不明となっている妻の捜索を行なう方針を固めています。

2人が行方不明となった場所は?

高齢夫婦が行方不明となっている場所は長野県下伊那郡阿智村の山林で、近くを中央自動車道が通っている山間の村です。

(長野県阿智村春日の周辺地図)
長野県阿智村で高齢夫婦が行方不明に キノコ採りで山林に入り遭難?100人態勢で捜索続く

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。