千葉県富津市の新富運河で死亡事故 クレーン車が横転、岸壁との間に挟まれ男性1人死亡

千葉県富津市の新富運河で死亡事故 クレーン車が横転、岸壁との間に挟まれ男性1人死亡

千葉県富津市の新富運河の近くで9月30日朝、トラックに積載された小型ボートを岸から海に下ろす作業中にクレーン車が横転する事故があり、作業中だった男性2人が車両と高さ約1メートルの岸壁の間に挟まれ70代の男性が死亡する事故がありました。さらに、60代の男性も救急搬送されており、軽傷を負っています。

小型ボートを海に下ろそうとしていたクレーン車が横転したこの死亡事故は30日午前9時頃、千葉県富津市の新富運河の岸壁近くで作業をしていたクレーン車が突然、横転し作業をしていた70代の男性が搬送先の病院で死亡し、60代の男性が軽傷を負った事故。

事故に巻き込まれた2人はこの日の朝、釣りに出掛けるためにクレーン車から重さ約1トンの小型ボートを吊るして運河の海面に下ろす作業を行なっており、2人はクレーン車の側でアームの操作やボートの向きを変えていたところ、ボートを吊るしていたクレーン車が横転したとみられている。

軽傷を負った60代の男性がクレーンを操作しており、死亡した70代の男性がクレーン車と岸壁の間に立ち、釣り上げたボートのバランスを取っていたということです。

警察が事故が起きた詳しい原因について調べを行なっていますが、男性が挟まれた事故現場の路面には血だまりが残るなど、かなりの出血があったことが予想されます。

事故現場の周辺地図

(千葉県富津市の新富運河周辺の地図)
千葉県富津市の新富運河で死亡事故 クレーン車が横転、岸壁との間に挟まれ男性1人死亡

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。