五反田駅前で殺人未遂事件 ホームレスの男性がナイフで刺され重傷 逃走した男を逮捕

五反田駅前で殺人未遂事件 ホームレスの男性がナイフで刺され重傷 逃走した男を逮捕

東京都品川区東五反田のJR五反田駅前の路上で9月30日朝、駅前の路上で60代とみられる路上生活者(ホームレス)の男性がナイフで刺される殺人未遂事件があり、現場から逃走した40代の男が殺人未遂容疑で緊急逮捕されました。逮捕された男と刺された男性に面識はなく、五反田駅前の路上でトラブルとなり刺したとみられています。

逮捕されたのは韓国籍で住所・職業不詳の大島丈(たけし)こと、丁奎五(テイ・ケイゴ)容疑者(46)で、犯行当時、酒を飲んでいたことが明らかとなっています。

駅前路上でホームレス男性がナイフで刺されたこの殺人未遂事件は30日午前8時30分頃、品川区東五反田の五反田駅前の路上で60代とみられるホームレスの男性が見知らぬ男にナイフで胸を刺されて負傷した事件で、通行人から「刃物で人が刺されて倒れている」と近くの交番に通報があり発覚したもの。

警察官が駅前の路上に駆け付けたところ、60代くらいの男性が胸を2箇所刺されて血を流して倒れており、救急搬送されましたが命に別状はなく病院で治療を受けており、全治1週間のケガを負ったということです。

事件現場から40代くらいの男が逃走するのが目撃されており、警戒中の警察官が約1時間後に職務質問をした韓国籍の大島丈こと「丁奎五」(テイ・ケイゴ)容疑者の身柄を確保した後、殺人未遂容疑で緊急逮捕しました。

スーツ姿で逮捕された丁奎五容疑者は警察の調べに対して「唾を吐いたことで脅されたためナイフで刺した」と容疑を認める供述をしており、犯行当時は酒を飲んでいたという。警察が事件の経緯や動機についてさらに追及しているということです。

2人に面識はなく、ホームレスの男性が刺される直前にトラブルになっていた可能性が高いとみて、事件当時の状況などについて詳しく調べています。

また、刺された男性は頻繁に五反田駅周辺で目撃されており、駅を利用していた人の中には見かけたことがある人が多くいたとみられています。

(殺人未遂事件が起きた五反田駅周辺の地図:東京都品川区東五反田1丁目)

五反田駅前で殺人未遂事件発生、ホームレスの男性がナイフで刺され重傷…Twitterの声

五反田駅前で殺人未遂事件 ホームレスの男性がナイフで刺され重傷 逃走した男を逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。