兵庫県明石市で寝たきりの母親を放置する事件 息子の永谷仁容疑者が逮捕され母親は重体

兵庫県明石市で寝たきりの母親を放置する事件 息子の永谷仁容疑者が逮捕され母親は重体

兵庫県明石市魚住町で寝たきりになった85歳の母親を部屋の中に放置した疑いで53歳の息子の男が逮捕される事件がありました。保護責任者遺棄致傷の疑いで逮捕されたのは明石市魚住町のアルバイト・永谷仁(ながたに ひとし)容疑者(53)で、母親の永谷ふみこさんを病院に連れて行かず、栄養失調などで意識不明の重体にさせた疑いが持たれています。

寝たきりで衰弱した母親を放置した容疑で息子が逮捕されたこの事件は9月28日夜、兵庫県明石市魚住町に住む永谷仁容疑者が今月15日頃から寝たきりとなり衰弱していた母親・永谷ふみこさんを病院などへ連れて行かず、栄養失調などで意識不明の重体とさせた疑いが持たれている事件。

28日夜、母親の異変に気付いた永谷仁容疑者が消防に通報したことで事件が発覚。救急隊員が自宅に駆け付けたところ、永谷ふみこさんは意識を失った状態で救急搬送されましたが、現在も意識不明の重体となっています。

搬送先の病院で診断を受けた母親は栄養失調で痩せ細り、病院から「高齢者虐待の疑いがある」と警察に通報。2人暮らしをしていた永谷仁容疑者が保護責任者遺棄致傷の疑いで逮捕されました。

発見当時、母親の永谷ふみこさんに意識はなく、腰などの傷には膿が出ている状態だったという。息子は警察の調べに対して「仕事が忙しくて病院に連れていけなかった」「そこまで状態が悪いとは思わなかった」と供述し容疑を認めているということです。

(永谷仁容疑者と母親の永谷ふみこさんと同居していた自宅がある兵庫県明石市魚住町一帯の地図)
兵庫県明石市で寝たきりの母親を放置する事件 息子の永谷仁容疑者が逮捕され母親は重体

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。