品川区小山で傷害致死事件 口論になった知人男性を殺害した容疑で本間大介容疑者を逮捕

品川区小山で傷害致死事件 口論になった知人男性を殺害した容疑で本間大介容疑者を逮捕

東京都品川区小山付近の住宅で9月29日午前4時半頃、住宅の中から「叫び声がする」と通報があり警察官が駆け付けたところ、川崎市在住の自営業・高橋健さん(41)が頭から血を流して倒れているのが見つかる傷害致死事件があり、会社員・本間大介(ほんまだいすけ)容疑者(40)が殴ったことを認めたため、警察に現行逮捕されました。

住宅の一室で倒れている男性が見つかったこの事件は29日未明、品川区小山付近の住宅から「喧嘩をしている声がする」と警察に通報があり発覚した事件。警察官が事件現場の住宅に駆け付けたところ、家の玄関付近で高橋健さんが頭から血を流して倒れているのが見つかりました。

高橋健さんは救急隊が病院へ搬送しましたが、約6時間後に死亡が確認され、この家の家主で2階に居た本間大介容疑者が死亡した男性を殴ったことを認めたため現行犯逮捕されており、男性が搬送先の病院で死亡したことを受け、容疑を傷害致死に切り替えて捜査を進めています。

警察の調べに対して本間大介容疑者は「殴られたから殴り返した」などと供述し容疑を大筋で認めており、事件当時、2人は容疑者宅で酒を飲んでおり、口論になったことから暴行を加えて死なせた疑いが持たれています。

警察が事件当時の状況や動機について詳しく調べているということです。

(事件現場の住宅がある東京都品川区小山付近の地図)
品川区小山で傷害致死事件 口論になった知人男性を殺害した容疑で本間大介容疑者を逮捕

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。