愛知県内の幼稚園で集団食中毒 岡崎市の「ときわ食品」製造の弁当を食べた幼稚園児87人が体調不良訴え

愛知県内の幼稚園で集団食中毒 岡崎市の「ときわ食品」製造の弁当を食べた幼稚園児87人が体調不良訴え

愛知県岡崎市の食品会社「ときわ食品」が製造した弁当を食べた愛知県内4つの幼稚園の園児、合わせて87人が下痢や腹痛などの症状を訴え、このうち10人の園児が入院する集団食中毒が起きていたことが明らかとなりました。弁当を食べた園児から複数のサルモネラ菌が検出されたことから、市は食中毒と断定した上で弁当を製造した「ときわ食品」を当分の間、営業停止にしたということです。

愛知県内の幼稚園で弁当を食べた幼稚園児87人が相次いで体調不良を訴えた、この集団食中毒問題は9月21日から28日にかけて、愛知県岡崎市の食品会社「ときわ食品」が製造した給食として使っている弁当を食べた園児からサルモネラ菌が検出されたもの。

ときわ食品が製造した仕出し弁当は県内の名古屋市、蒲郡市、日進市の4幼稚園に通う3歳から6歳の幼稚園児87人が食べた後、相次いで下痢や発熱、嘔吐といった食中毒症状を訴えたもので、岡崎市の検査で園児からサルモネラ菌が検出されたことから弁当が原因の食中毒と断定。これまでに園児10人が重症化し入院しているということです。

これまでに原因食材は分かっておらず、岡崎市が引き続き調査を続ける方針だという。また、市はときわ食品が製造・給食として出されていた弁当が食中毒の原因と断定した上で、29日から再発防止策がとられるまでの間、営業禁止処分としました。

患者はさらに増える可能性がありますが、これまでに入院している10人の幼稚園児の容体は比較的安定しているということです。

尚、弁当を製造し営業禁止となったときわ食品は昨年4月にも製造した弁当が原因の食中毒が起きており、3日間の営業禁止処分を受けている過去があります。

愛知県内の4幼稚園で集団食中毒発生、岡崎市の「ときわ食品」製造の弁当が原因と断定…Twitterの声

愛知県内の幼稚園で集団食中毒 岡崎市の「ときわ食品」製造の弁当を食べた幼稚園児87人が体調不良訴え

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。